【イオン】全国6地域で食品スーパー事業を再編、20年3月までに

 イオンは10月10日、グループの食品スーパー(SM)事業を地域別に再編すると発表した。すでに統合が完了している首都圏を除き、北海道、東北、東海中部、近畿、中四国、九州の6地域でSM各社を経営統合する。

 2019年3月に中四国の2社、19年9月に東海中部の2社と九州の3社、20年3月に北海道の2社と東北の2社および近畿の2社がそれぞれ統合を完了する予定。各地域の統合対象企業は以下の通り。

▽北海道/イオン北海道、マックスバリュ(MV)北海道
▽東北/MV東北、イオンリテール東北カンパニー
▽東海中部/MV東海、MV中部
▽近畿/ダイエー、光洋
▽中四国/MV西日本、マルナカ、山陽マルナカ
▽九州/イオン九州、MV九州、イオンストア九州

 統合によって地域単位で物流網を統合・再構築するほか、本部や事業部などを集約することでコスト削減を進める。一方で、地域商品の販売強化や地元プライベートブランド商品の開発などにより、売り上げの拡大を図る。

 首都圏のマルエツ、カスミ、MV関東が統合して2015年に発足したユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスでは、統合後に営業収益が650億円増え、販売管理費率を2%削減するなどの効果が出た。

 首都圏を除く6地域では、2025年に営業収益3兆1000億円(18年2月期比30%増)、営業利益1100億円(同2.8倍)を目指す。