【イズミ】旧「ザ・モール周南」を「ゆめタウン」として再開業

イズミ イズミは西友から取得した旧「ザ・モール周南」(山口県下松市)を改修、10月13日に「ゆめタウン下松」として再開業する。

 旧ザ・モール周南は1993年に下松市などが整備した下松タウンセンターの中核商業施設としてオープン、県内最大級のショッピングセンター(SC)だった。

 イズミは7月下旬に「ザ・モール姫路」(兵庫県姫路市)とともに、同SCを西友から譲り受けた。ゆめタウン下松の店舗面積は約2万500平方メートル、69店舗のテナントが入るが、2019年2月上旬の第2期開業では84店舗に増える予定。

 イズミ直営の食品売り場は、総菜コーナーで同社としては初めて対面式のカウンターを設置、注文を受けてからたこ焼きやピザなど出来たての商品を提供する。

 館内にはソファーを備えた「レストスペース」を10ヵ所設置、買い物の合間にくつろげるようにした。第2期開業時には、座席数約500席のフードコートがオープンする。