2018/10/09

【AOKI】オーダースーツを全店展開、2着で4万8000円

 AOKIホールディングス傘下の紳士服専門店AOKIは、オーダースーツの全店展開に乗り出した。2016年から銀座本店(東京都中央区)にインショップ形式でオーダースーツ専門の「ザ・テイラー・ショップ AOKI」を展開してきたが、全570店で展開することでオーダースーツの販売を強化する。

 注文してから約3週間でスーツができ上がる。価格は1着3万8000円(税別)から、2着で4万8000円から。10月5日から「お試しキャンペーン」として1着1万9800円で販売する。

 全店展開に当たって、注文した客のサイズや補正情報、生地や裏地・ボタンなどのオプション選定などをすべてタブレット端末で入力・検索できるシステムを開発した。このシステムを活用して2019年からはEC(インターネット通販)でもオーダースーツを購入できるようにする。

 紳士服専門店では、コナカが16年10月からオーダースーツ専門店「ディファレンス」の展開を始め、現在50店舗以上に増やした。また、ファッションECサイト「ゾゾタウン」を運営するゾゾ(スタートトゥデイから社名変更)は、18年7月から体形計測専用の「ゾゾスーツ」を活用したオーダースーツの受注を始めた。