【ファミマ】新型コーヒーマシンを導入、今秋から

 ファミリーマートはカウンターコーヒー「ファミマカフェ」の新型コーヒーマシンを10月上旬から順次導入する。

 同社は2013年からファミマカフェの販売を開始、5周年を迎えたのを機にコーヒーマシンの刷新を決めた。抽出方式はエスプレッソ方式からペーパードリップ式に変更、コクがあり、すっきりとした味わいを実現したという。

 メニューを一新し、「ブレンド濃いめ」や「スペシャルティコーヒー」などを追加した。スチームミルクの泡をきめ細かくし、カフェラテの口当たりを柔らかくするなど既存メニューの商品にも改良を施した。

 また、給水方式をタンク補充式から水道直結式に変え、ミルクタンクの容量を大きくして補充回数を減らすなど、従業員の作業負担軽減にも配慮した。

 価格は「ブレンドS」が100円(税込み)、「スペシャルティコーヒーS」が180円など。