2018/12/13

【SC調査】消費者満足度1位は「阪急西宮ガーデンズ」

data
対象のSCを月1回以上利用している20代から50代の女性4901人にアンケート調査を実施、利用満足度を指数化し、ランキングした。

 

 矢野経済研究所は12月11日、全国50の主要ショッピングセンター(SC)を対象にした消費者利用満足度調査の結果を発表した。


 1位は「阪急西宮ガーデンズ」(兵庫県西宮市)、2位は「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」(大阪府吹田市)、3位は「玉川髙島屋S.C」(東京都世田谷区)という結果となった。


 対象のSCを月1回以上利用している20代から50代の女性4901人にアンケート調査を実施、利用満足度を指数化し、ランキングした。


 阪急西宮ガーデンズは2016年の前回調査でも1位だった。同SCは、阪急電鉄の西宮北口駅近くにあった阪急西宮スタジアム跡地に2008年11月に開業。総賃貸面積は約10万7000平方メートルと西日本最大級で、百貨店の西宮阪急や総合スーパーのイズミヤなど264店舗(3月末時点)が出店している。


 今年11月には名称を「阪急西宮ガーデンズ本館」に改めた。10月には「阪急西宮ガーデンズ別館」(総賃貸面積約2340平方メートル)、11月には「阪急西宮ガーデンズ ゲート館」(約7620平方メートル)が開業し、3館体制となった。本館はリニューアルを実施し、19年3月から75店舗(うち新規出店は24店舗)が順次オープンする。