2018/12/05

【米ウォルグリーン】クローガーの商品をインショップ形式で販売

 米ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは12月4日、ドラッグストア「ウォグリーン」の店内で米スーパーマーケット大手クローガーの食品を販売する実証実験を始めたと発表した。


 クローガーの本社に近いケンタッキー州北部にあるウォグリーンの店内に「クローガー・エクスプレス」と名付けたインショップを設置、自然・有機商品「シンプルトゥルース」などクローガーのプライベートブランド商品のほか、ミールキット「ホームシェフ・エクスプレス」、ナショナルブランドの日配品や野菜、冷凍食品など約2300品目を販売する。販売する商品は、クローガーのデータ分析子会社、84.51°の分析結果に基づいて決めた。


 クローガー・エクスプレスの設置は、2019年に入ってからケンタッキー州北部の12店舗にも広げ、すでに設置済みの店舗を含む計13店舗で効果を検証する。


 このほか、シカゴ地域のウォルグリーン65店舗で、ホームシェフ・エクスプレスを販売する。クローガーは今年5月にミールキットのインターネット通販(EC)を手がけるホームシェフを子会社化、同社のミールキット商品をクローガーのシカゴ地域の店舗などで販売し始めている。


 ウォルグリーンとクローガーは今年10月、クローガー商品のウォルグリーン店舗での販売とクローガーのECサイトで注文を受けた商品のウォルグリーン店頭での受け渡しの2分野で共同実験を行うと発表していた。