2018/12/05

【サミット】川崎市にプロセスセンター開設、店内作業を軽減

 食品スーパーのサミット(東京都杉並区)は12月5日、川崎市に「サミット川崎塩浜プロセスセンター」を開設、テスト稼働を始める。


 同センターで肉の加工と総菜用揚げ油の小分け作業を集中して行い、店舗での作業を軽減、人手不足への対応を図る。店内作業スペースを売り場に転換して集客力の強化につなげたり、都心型小型店の出店を増やしたりすることも可能になる。


 2019年1月下旬から本格稼働を始め、当初は24店舗に商品を供給、その後段階的に店舗を増やし、20年3月には全店への供給を始める予定だ。


 川崎塩浜プロセスセンターは地上3階建てで、占有面積は約3113平方メートル。正社員10人、パートタイマーとアルバイト40人(月173時間換算)が同センターで働く。