【ファミマ】女性の快適性向上した新店舗、ベビールームなど設置

 ファミリーマートは女性の快適性向上に配慮した新レイアウトの店舗を北陸地方にオープンした。女性社員からの提案で、女性客や女性従業員の利用しやすさ、働きやすさにつながる工夫を取り入れた。

 新レイアウトを採用したのは、6月28日にオープンした「ファミリーマート勝山南店」(福井県勝山市)と29日にオープンした「ファミリーマート能登空港インター店」(石川県金沢市)の2店舗。

 両店では。来店客が授乳やおむつ替えの際に利用できるようにソファを設置した「ベビールーム」、化粧直しなどに利用できる「パウダールーム」を設置したほか、女性従業員専門の鍵付きの更衣室を設けた。また、売り場とレジの行き来がしやすいようにレジカウンターに出入口を2ヵ所設置した。

 同社では両店での検証を行いながら、より快適さを提供するレイアウトの店舗を増やしていく予定だ。