[ダイユー・リックHD]アミーゴ好調で営業利益12%増

 ダイユー・リックホールディングスの2019年2月期第1四半期の連結決算は、売上高201億円(前年同期比1.2%増)、営業利益7億9000万円(11.9%増)となった。

 事業会社別では、ダイユーエイトの売上高は105億円(3.4%増)。ホームセンターの既存店で客単価が0.6%減少したことから、売上高は0.3%減と苦戦したが、3月にオープンした「ダイユーエイトさくら氏家店」と、今期から営業開始時間を従来の9時30分から9時に変更したことが売上高の底上げに寄与した。

 ペットショップのアミーゴは、既存店ベースで来店客数が0.8%増となり、客単価も1.5% 増で、既存店売上高は2.3%増加と好調だった。アミーゴの売上高は40億円(5.6%増)、営業利益は9900万円(%増)と、全体の業績に貢献している。

 2019年2月期通期の連結業績は、売上高805億円(2.2%増)、営業利益19億円(11.6%増)、経常利益21億円(8.4%増)、純利益12億5000万円(20.6%増)を見込んでいる。