記事タイトルバナー
 JR白新線「東新潟」駅から約2.5km、家電量販店やドラッグストアなどが入るショッピングセンター内に立地。同地では、2002年から河渡店が営業し、年間30億円
 西武新宿線「都立家政」駅北口すぐの銀行跡地へ新設出店。高田馬場や新宿方面への通勤・通学の便がよいエリアで、店舗周辺は戸建住宅が多い住宅街となっている。東京都区
 アース製薬は3月25日(日)、日本科学未来館(東京都江東区)にて、環境省が後援する「こどもエコクラブ」の「全国フェスティバル2018」に参加し、「「感染症を媒
 相模鉄道本線「瀬谷」駅に隣接し、店舗2階の連絡通路から駅直結、県道401号等の主要幹線道路にも近接しているというアクセス至便の店舗。立地の強みを生かし、地域住
 東急東横線「綱島」駅と「日吉」駅の中間に位置し、綱島街道と荏田綱島線との交差点に面した立地。商圏は、複数の新築マンション計画が進行するなど、市内でも有数の大規
 JR東海道本線・横須賀線「戸塚」駅から車で約15分、環状3号に面した立地。2006年に誕生した店舗を大改装したリニューアル店舗。同社は昨年、売場や品揃え、接客
 JR内房線「君津」駅の南口から徒歩15分に立地。2016年2月に閉店したダイエー君津店の3層建の建物を解体し、4棟の平屋で21店舗を展開するイオンタウン君津(
 JR「長岡」駅から北に約4kmの県道498号沿いに立地。簡便・快適・高生産性をコンセプトとする「エクスプレスマーケット」業態としてオープンした。数年前から同社
 JR南武線「武蔵溝ノ口」駅、東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅の東側約200mに立地。1965年3月に営業を開始した旧店舗を2016年5月に閉店し、リビルド
 ファンケルは、2018年度を初年度とする第2期中期経営計画(2018~2020年度)を策定した。同社が目指す2030年の企業像・「VISION2030」に向け
 1965年から操業を続けている日産自動車座間事業所(旧座間工場)の一部の敷地を、地域のにぎわいの拠点となる商業施設としてオープンしたのが「イオンモール座間」。
 小田急電鉄「座間」駅より徒歩8分、県道51号沿いという立地。同地で1980年から約37年間営業してきた「ピアゴ座間店」のリニューアル店舗で、資本・業務提携以降
 東京急行電鉄池上線「雪が谷大塚」駅、「御獄山」駅よりそれぞれ徒歩約8分、環状8号線と中原街道が交差するエリアに出店した。同社にとって周辺は大田区内のドミナント
 東武鉄道日光線「新鹿沼」駅東口より約400mに位置。同店の開店により、同社の栃木県内での出店は30店舗、鹿沼市内では3店舗となる。鹿沼店、鹿沼睦町店とは、とも
 中央自動車道「甲府昭和」ICから車で約5分、甲府市と南アルプス市を結ぶアルプス通り沿いに出店。以前は農地だった場所で、県内では12店舗目、市内では2店舗目とな
 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス(TX)「みらい平」駅から徒歩約20分、常磐自動車道谷田部インターより車で約15分という立地。9つのテナントが入る「ピアシテ
 サイバーリンクスと日本電気(NEC)はアイトラッキング機能付きヘッドマウントディスプレイを使い、VR空間内で視線の軌跡をヒートマップで表示する技術を公開した。
 同社の創業の地・埼玉県小川町の隣町ともいえる東松山市内1号店として出店。東武東上線「東松山」駅より南東へ約1.7kmの国道沿いに位置しており、周辺は小・中学校
 JR横浜線「大口」駅より徒歩約3分、人口密集地で、スーパーやドラッグストアが多い激戦区に出店。地域に親しまれてきた「ピアゴ大口店」のリニューアル店であり、20
 イズミヤでは、店舗再編計画において店舗の建て替え工事を進めており、同店も2017年3月に一時閉店した店舗の建て替えを実施し、リニューアルオープンした店舗。阪急