記事タイトルバナー
ビッグデータ活用、モバイル連携、顧客起点のMD…今後の成長に向けた小売業の取り組みが活発化している。海外の小売業の事例を参考にデータ活用のIT基盤
 アメリカの小売業界はオムニチャネル時代の中で、Eコマースに注力する企業が年々、増加傾向にある。しかしながら、あくまで、店舗を中心に展開している小売業
従来、データ分析は一部の専門家だけのものでしたが、近年全てのビジネスマンにとって必須スキルと言っても過言ではないものになっています。しかしながら、「どう分析する
「機能性表示食品制度」がスタートして半年、届出商品は100品目を越えました。 制度の運用方針への理解が進み、商品設計や手続きのポイントが見えてきました。 一
スマートフォンやタブレットの急速な普及、ネットワークスピードの増大、ソーシャルメディアの利用拡大は、流通業と消費者(顧客)接点のあり方に新たな変化をもたらし、流
東京ガスでは来る11月17日(火)に品川プリンスホテルで『ガ、スマート! セミナー2015~オムニチャネル時代に求められるリアル店舗の力』(主催: 東京ガス)を
企業の競争環境が劇的に変化するなかで、競争優位のビジネスモデルに変革するためにビッグデータ分析・活用の取り組みが広がりを見せ始めています。インターネットやソーシ
流通小売業界では、「人口減少・高齢化」、「店舗間競争の激化」、「価格競争の激化」、「ネット販売の台頭とオムニチャネル化」、「グローバル化」など、激変する経営環境
 企業にとってITシステムの肥大化、維持管理コストの増大は深刻な悩みだ。流通業でもオムニチャネル化などで最新のIT装備へ移行するには、大きな投資が必要になる。ク
好調を維持するアメリカ経済。その環境下においても小売業界の競争は激しさを増しています。従来の企業間の戦いだけでなく、アマゾンをはじめとするEC勢とも対峙し、SM
クラウドサービスが注目を浴び始めて数年が経過し、システムに対する投資の考え方や検討するポイントが変化しています。迅速性や柔軟性を求めてクラウドサービスを積極的に
   NPO法人MCEI(エム・シー・イー・アイ)東京支部は、書籍『「考える営業」の教科書』(ダイヤモンド社刊)の執筆陣が講師となり、
流通小売業界の取り組むべき課題のひとつがオムニチャネル化。あらゆるデバイスとつながることで、販売チャネルを拡大し売上アップにつなげることが求められている。その一
データベースを活用した 新・成長ビジネスモデル ~マーケティング、商品開発への応用~
店舗やネット、モバイルなどすべてのチャネルをシームレスに連携させて、顧客に最適な商品・サービスの提供を目指す流通小売業のオムニチャネル戦略の展開が加速し、競争差
ダイヤモンド・フリードマン社は2014年7月29日、東京・千代田区のベルサール半蔵門でダイヤモンド・リテール・カンファレンス2014「オムニチャネル・コマースの
東京ガスでは来る11月19日(水)~21日(金)に東京ビッグサイトで『熱電プラザ2014~熱と電気のオーダーメイドからひろがる、ビジネスの課題解決を~ 』を開催
 3兆8397億円。国内ホームセンター(HC)市場規模は、震災復興特需に湧いた2011年度を上回り、過去最大規模へと成長しました。生活に密着し
流通業界では、店舗、ネット、モバイル、ソーシャルといった、すべてのチャネルをシームレスに連携させて顧客に最適なアプローチをする「オムニチャネル・コマース」戦略の