記事タイトルバナー
カタリナ マーケティング ジャパン株式会社 代表取締役社長 若林 学氏  小売業にとって消費者の動向を把握し、売上アップにつなげていくことは永遠の課題である。
株式会社ニトリ代表取締役社長 似鳥 昭雄氏  大学を卒業して就職したがうまく行かなくて、自分でやるしかないと腹をくくって「似鳥家具店」を創業したのが1967年
シャープ株式会社ビジネスソリューション事業本部マーケティング統轄副統轄 齋藤 善裕氏  シャープは昨年10月に大阪・堺市に液晶ディスプレーの新工場である堺工場
同志社大学商学部特別客員教授 田村 正紀氏  ネット通販がものすごい勢いで伸びている。経済産業省の調査「電子商取引に関する市場調査」の年度別のデータをみると、
社団法人日本セルフ・サービス協会会長、株式会社アークス代表取締役社長 横山 清氏  アークスの創業は1961年10月でまもなく創業50周年となる。現在は、共同
2008年秋のリーマンショックに端を発して世界同時不況の局面に陥り景気低迷が続いている。それとともに国内要因として少子高齢化や消費者嗜好の多様化への対応という課
医薬品販売に関るイオンとメンバー各社からなるハピコムグループは6月1日付でそれまでのイオン・ウエルシア・ストアーズから名称を変更した。このネーミングは地域のヘル
U・K・プラハードの著書「イノベーション新時代」の中では「個客経験の共創」とそれを実現するための「グローバル資源の利用」が重視される環境になっている。言いかえ
昨年秋のリーマンショック以来、日本の市場環境は大きく変化した。今後の事業成長のための基盤も大きく変化してしまったと言えるだろう。2008年までは20世紀の延長で
SAPは製造業向けのシステムでせいぜい本部系の人事・会計システムがあるというイメージが日本の流通業界では強い。今、市場では例えばユニクロのファーストリテイリング
東京急行電鉄情報・コミュニケーション事業部事業推進部課長 土屋 智永氏  東急グループは1984年からハウスカードとして「TOP」の発行を行ってきた。これが今
イオングループでは、ICカード方式のWAONとサーバー方式のイオンギフトカードの2つの電子マネーを導入している。WAONは繰り返しチャージできる「私の」電子マネ
2007年は各種の電子マネーが登場し「電子マネー元年」と呼ばれたが、今年は本格的な普及が始まったということで「電子マネー利用元年」と言うことができるだろう。私
本格的な普及が始まった電子マネーの潜在的な市場をみると、小売・サービス全体の販売高が191兆円以上と言われる中で、クレジット決済など販売信用は43兆円にとどまり
全日本食品のようなボランタリーチェーンでは中小の加盟小売店が多く、競争激化と景気低迷の時代になってさらなる経営改革が必要になっている。これまで全日食は売れる売場
中国の国土は非常に広く、民族や文化的にも非常な多様性を持っている。そのためお客さまのニーズも非常に幅が広い。その中国にウォルマートは1996年に世界で6カ国目の
中国の小売市場を理解するために、まず中国の消費者はどこが他の市場の消費者と異なり、どこが同じであるのかを考えなければならない。アクセンチュアはそうした理解を基に
「私が社長に就任して今年の株主総会で1年になる。旧アールワイフードサービスとの合併で菱食に来た2006年10月は菱食にとって最悪の時期だったと言えるだろう。この
経済環境が厳しさを増す中で、今流通・小売の現場では経営改革の必要性が高まっている。それは在庫計画の適正化であったり、商品の配分・調整、品揃えやコスト管理であった
「小売業」というのは例えば「製造業」や「金融業」という大きな業種に相当する言葉であって、製造業の中に自動車産業や精密機械産業、化学産業などがあり、金融の中には銀