記事タイトルバナー
 セブン&アイ・ホールディングスは10日、連結子会社からの受取配当金の水準を引き上げるため、今期の個別業績見込みが前期実績に比べて大幅に増加する見込みだと発表し
 イオンは10日、新株予約権付き転換社債を1000億円発行すると発表した。調達した資金はコマーシャルペーパーの償還に780億円、残額を借入金の返済に充てる。すべ
 セブン銀行(東京都)の成功を当然のことと考えていたが、その裏には大変な努力があったことを安斎隆社長から聞くことができた。   「当行を
 三越伊勢丹ホールディングスは11月9日、2010~12年度にかけての3カ年事業計画の見直し案を発表、12年度の連結営業利益目標を200億円とした。三越と伊勢丹
 セブン&アイ・ホールディングス傘下の食品スーパー、ヨークマートは11月から、買い物精算時にレジ袋を辞退した客に対して買い物金額から2円を割り引きするサービスを
 ヤマダ電機が発表した2009年9月中間期の連結業績は、営業利益、純利益ともに前年実績を下回ったものの、店舗間の在庫効率化や経費削減などの効果が営業キャッシュフ
 アルコール0.00%で、飲酒運転のない社会を目指して    今年の大ヒット商品「キリンフリー」のキャッチコピーである。 &
 「いい夫婦の日」をすすめる会(後援:経済産業省、(財)日本生産性本部、(社)日本観光協会)は11月9日、都内で「いい夫婦の日」キャンペーンの一環である「パ
 和田昭男イズミヤ最高顧問は、1999年に取締役会長を勇退して以来、経営に口をはさむことは一切ないという。    けれども、商
景気低迷を背景に、脚光を浴びたディスカウントストア(DS)業態だが、客単価の下落と客数の伸び悩みから、売上高が苦戦する店舗が増えてきている。そうした状況下でも、
 先日、面白い飲み会をやりました。現場ではあまりやり取りはないであろうDgSのA社とB社の幹部の方を交えて総勢6名、都内でテーブルを囲みました。もとを辿れば、A
 1979年に誕生した「さえき」(東京都/佐伯行彦社長)が創業30周年を迎えた。11月6日に開かれた記念祝賀会主賓の平富郎エコス会長のスピーチから――
 日本の国債発行額は2009年6月末日現在で684兆円に上る。10年前の1999年の同時期には335兆円だったので、この10年間で2倍に増加している。
 米自然食品スーパー最大手、ホールフーズの業績が急回復している。同社が発表した7-9月期の業績は、営業利益が前年同期比で3倍の6877万ドル(約63億円)、純利
 ファーストリテイリング傘下のユニクロは今シーズン、防寒肌着「ヒートテック」について世界で5000万枚の販売を目指すと発表した。ヒートテックは東レとの共同開発で
 「いま出たばかりです」。    昔の蕎麦屋は出前持ちをなかなか出せないことの言い訳をこんな短い言葉を使ってしていた。 &n
 セブン&アイ・ホールディングスは11月4日から世界共通のPB(プライベート・ブランド)商品第1弾として、米カリフォルニア産ワインを日米のグループ約1万5000
 マツモトキヨシホールディングスは11月4日、2009年9月中間期(4~9月)の利益予想の上方修正を発表した。連結営業利益は5月14日発表の予想に比べて7億円増
 日本マクドナルドホールディングスは、2009年1~9月期の連結営業利益が前年同期比23.9%増の176億円となり、2001年の上場以来、過去最高を記録したと発
 米商業金融大手のCITグループは11月1日、連邦破産法11条の適用を申請した。いわゆるプリパッケージ(事前調整)型破綻で、今後も営業を続け、100億ドルの債務