記事タイトルバナー
 イオンは4月11日、米国のEC(インターネット通販)ベンチャー、Boxed(ボックスト、ニューヨーク市)に出資すると発表した。イオンはEC強化などの「デジタル
 イオンが発表した2018年2月期の連結業績は、売上高に当たる営業収益が前期比2.2%増の8兆3900億円、営業利益は13.8%増の2102億円だった。営業利益
 ローソンは4月23日から東京都内の3店舗でスマートフォン(スマホ)によるセルフ決済「ローソンスマホペイ」の実証実験を始める。
 日本マクドナルドは4月14日、ビッグマックの誕生50周年を記念した大型販促キャンペーンを始める。ビッグマックの限定商品を販売するほか、カシオ計算機の腕時計「G
 相模鉄道本線「瀬谷」駅に隣接し、店舗2階の連絡通路から駅直結、県道401号等の主要幹線道路にも近接しているというアクセス至便の店舗。立地の強みを生かし、地域住
 エイチ・ツー・オーリテイリング傘下の阪急阪神百貨店は6月1日、建て替え中の阪神梅田本店(大阪市)の第1期棟をオープンする。
 フジ(愛媛県松山市)は2021年2月期に連結営業利益100億円、経常利益120億円を目指す中期経営計画をスタートさせた。売上高に当たる営業収益は3330億円を
 イオン子会社のイオンディライトは4月10日、施設管理でセコムと協業し、新たなビジネスモデルの構築を目指すと発表した。
 スウェーデン発の家具専門店「イケア」の日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は4月12日から、70点以上の定番商品を値下げする。
 東急東横線「綱島」駅と「日吉」駅の中間に位置し、綱島街道と荏田綱島線との交差点に面した立地。商圏は、複数の新築マンション計画が進行するなど、市内でも有数の大規
 OPA(千葉市)は2018年秋、東京都八王子市のJR八王子駅駅前に都市型商業施設「八王子オーパ(仮称)」を開業する。駅南口で日本貨物鉄道と住友不動産が共同開発
 眼鏡専門店「JINS」を展開するジンズは4月19日、フィリピンに初出店する。中国、米国、台湾に続き海外出店は4地域目となる。
 イオン傘下の食品スーパー、マックスバリュ東海(MV東海、静岡県長泉町)は企業向けネットスーパーの運用を始めた。
 高島屋は4月26日、大阪府堺市の泉北高速鉄道・泉ケ丘駅構内に食品専門店「エキ・タカ 泉ケ丘タカシマヤ」をオープンする。
 三越伊勢丹ホールディングス傘下の成都伊勢丹百貨有限公司(中国・成都市)は4月8日、成都市のショッピングセンター「in99」内に食品スーパー「成都伊勢丹 ISE
 セブン&アイ・ホールディングスが発表した2018年2月期の連結業績は、売上高に当たる営業収益が前期比3.5%増の6兆378億円、営業利益が7.4%増の3916
 セブン&アイ・ホールディングスは5月24日付けで実施する役員人事を内定した。安齋隆氏(セブン銀行代表取締役会長)と大高善興氏(ヨークベニマル代表取締役会長)が
 イオンは傘下のビッグ・エーの三浦弘社長(48歳)がアコレの社長を兼務する人事を発表した。アコレ社長の宮崎剛氏(47歳)はイオンビッグの社長に転じた。就任はいず
 JR東海道本線・横須賀線「戸塚」駅から車で約15分、環状3号に面した立地。2006年に誕生した店舗を大改装したリニューアル店舗。同社は昨年、売場や品揃え、接客
 JR内房線「君津」駅の南口から徒歩15分に立地。2016年2月に閉店したダイエー君津店の3層建の建物を解体し、4棟の平屋で21店舗を展開するイオンタウン君津(