記事タイトルバナー
 工具の通販サイトを運営するモノタロウは、2017年12月期の決算を発表した。17年度の売上高は、前年度比26.9%増の883億円、営業利益は118億円(24.
 コメリの2017年4~12月(第3四半期)の連結決算は、売上高に相当する営業収益は2670億円(前年同期比3.4%増)、営業利益 は、154億円(同1.1%増
 福井県を中心に、スーパーマーケット、衣料品店、ホームセンターなどを展開するヤスサキグループは、4月から共通ポイントサービス「Tポイント」を導入する。
 LIXILビバは4月1日付けで、連結子会社であるスーパービバアセット、スーパービバアセット大井町、スーパービバアセット三郷、スーパービバアセット習志野の4社を
 ダイユー・リックホールディングス(HD)は、商品開発や仕入れ機能、店舗開発、システム統合を強化するための組織変更を行う。実施は2月1日付け。
 コメリは1月15日付で、お客が選びやすい売場を実現するために品種のくくり方に変更し、商品部の体制を改めた。
 ミスターマックス・ホールディングスは、2018年2月期の業績を上方修正した。
 ダイユーエイトの2018年2月期第3四半期決算(3~11月)は、連結売上高は、587億円(37.0%増)、営業利益は16億円(43.7%増)だった。
 コーナン商事が発表した2018年2月期第3四半期決算(3~11月)は、営業収益2389億円、営業利益142億円となった。
 経済産業省が発表した大規模小売店舗立地法に伴う新設届出によると、11月の届け出の件数は48件だった。コメリが栃木県と福岡県でパワー業態を出店する。また、コスモ
 ワークマンは、2018年度の社員の賃上げについて、発表した。それによると、来期は定期昇給分2%にベースアップ分3%を加えた5%の賃上げとなる。
 カインズは、宮城県の「カインズ仙台富谷店」の省エネルギー工事内容が「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」と認定されたと発表した。
 1月10日現在で発表されている12月の各社の売上高前年同月比(既存店ベース)は、コメリが3.9%増、コーナン商事が2.1%増、LIXILビバが0.9%増、ダイ
 経済産業省が発表した商業動態統計速報によると、ホームセンターの11月の売上高は2751億円(前年同月比0.5%増)だった。店舗数は4297店(0.9%増)。
 ケーヨーは、営業企画室を廃止して営業本部を新設し、その下に商品SV統括部、商品計画推進 統括部、店舗運営統括部を置く組織変更を発表した。
 ケーヨーの2018年2月期第3四半期の業績は、売上高1018億円(前年同期比9.3%減)、営業利益13億円(14.1%増)の減収増益となった。
 DCMホールディングスは組織変更を行うと発表した。実施は2018年度の初めとなる3月1日付。
 DCMホールディングスの2018年2月期第3四半期(3~11月)の業績は、売上高3398億円(前年同期比0.7%増)、営業利益174億円(0.6%減)だった。
 矢野経済研究所によると、2017年度のガーデニング・家庭菜園市場規模は、前年度比99.9%の2,229 億円になりそうだ(生産者・メーカー出荷ベース)。
 アークランドサカモトの2017年3~11月のホームセンター部門の売上高は477億円(前年同期比1.5%減)となった。