記事タイトルバナー
 米ウォルマートが2月20日に発表した2018年1月期の業績は、総売上高(サムズ・クラブの会費収入を含む)が前期比3.0%増の5003億ドル(約54兆円)、営業
 日本フランチャイズチェーン協会が発表した主要コンビニエンスストアの1月の売上高は、既存店ベースで前年同月比0.1%増と8カ月ぶりのプラスとなった。
 ヤオコーは2月23日、埼玉県東松山市に「ヤオコー東松山新宿町店」を開業する。川越的場店(埼玉県川越市)、東大和店(東京都東大和市)に続く、旗艦店フォーマットの
 ローソンはカウンターコーヒー「マチカフェ」の抽出機を刷新する。コーヒーの提供時間や清掃にかかる時間を短縮できるほか、提供可能なメニューを増やすこともできる。
 イオンモールは2月19日、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」跡地に大規模集客施設「八幡東田プロジェクト(仮称)」を出店すると発表した。
 フィットネスクラブなどを運営するRIZAPグループは2月19日、ゲームソフトや音楽・映像ソフトなどを販売するワンダーコーポレーション(茨城県つくば市)を株式公
 北陸が地盤の食品スーパー、アルビス(富山県射水市)は2月19日、公募増資と第三者割当増資で約58億円を調達すると発表した。調達する資金のうち51億円を精肉・総
 ディスカウントストア運営のトライアルカンパニー(福岡市)とパナソニックスマートファクトリーソリューションズ(大阪府門真市)は2月19日、RFID(無線自動認識
 食品スーパーのカスミ(茨城県つくば市)は3月から、全店で電子マネー「WAON(ワオン)」による決済サービスを始める。
 ファミリーマートは2月17日、全国農業協同組合連合会(JA全農)の食品スーパー「Aコープ」との一体型店舗「ファミリーマートプラス全農ふれあい広場もとさわ店」を
 イオン子会社のイオンマレーシアは1月24日、マレーシア首都圏で買い物代行サービスを運営するオネストビーマレーシアと業務提携を結んだ。
 アインホールディングス傘下のアインファーマシーズは2月15日、ドラッグストア「アインズ&トルペ」の46店舗でモバイル決済サービス「LINE Pay(ラインペイ
 衣料品SPA(製造小売り)ブランドの「アース ミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナルは2月15日、ソフトバンクと共同でファッショ
 ファッションEコマースサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは2月15日、客の好みに合わせた商品を定期的に届ける「おまかせ定期便」
 スターバックスコーヒージャパンは2月15日、事業所やホテル、レジャー施設などに専用のエスプレッソマシンを設置し、コーヒーやカフェラテなどを販売するサービス「W
 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は4月7日、JR国分寺駅(東京都国分寺市)の北口駅前に商業施設「ミーツ国分寺」を開業する。食品スーパー「クイーンズ伊勢丹」、
 日本マクドナルドホールディングスは2018年12月期から新規出店を増やし、再び拡大路線に転じる。宅配サービスなども強化することで、新たな成長ステージへの移行を
 イオンリテールは「住民票の写し」や「印鑑登録証明書」など自治体の各種証明書を自動発行するサービスを、本州と四国の「イオン」「イオンスタイル」など約400店舗に
 「コメダ珈琲店」を展開するコメダ(名古屋市)は2月14日、セブン&アイグループが運営する大型ショッピングセンター「グランツリー武蔵小杉」(川崎市)にテイクアウ
 ファーストリテイリングは2月14日、オランダに「ユニクロ」を初出店すると発表した。首都アムステルダムの中心部に2018年秋、全3フロア(地上3階)、売場面積約