記事タイトルバナー
 ダイエーの2011年2月期第1四半期(10年3~5月)の連結業績は、80億円の経費削減効果で前年同期に赤字すれすれの300万円だった営業利益が11億円に増えた
 イオンの2011年2月期第1四半期(10年3~5月)の連結業績は、営業収益(売上高と不動産収入などの合計)は前年同期比2.5%減の1兆2145億円、売上総利益
 イズミ(広島市)の2011年2月期第1四半期(10年3~5月)連結業績は、売上高は前年並みを保ったものの、値下げ競争の影響などで売上総利益率が低下、営業利益は
 三越伊勢丹ホールディングス傘下の三越と伊勢丹は基幹系業務システムの統合を完了した。システム統合計画は三越伊勢丹HDが発足した2008年4月にスタート、約2年間
 コンビニエンスストア大手4社の第1四半期(10年3~5月)決算が出揃ったが、昨年6月までのタスポ(たばこ自販機成人識別カード)効果の反動で既存店の販売が落ち込
 ファミリーマートの2011年第1四半期(10年3~5月)の連結業績は、3月にエーエム・ピーエム・ジャパン(am/pm)を吸収合併した効果で、売上高に当たる営業
 ドラッグストアのツルハホールディングス(札幌市)とコンビニエンスストアのポプラ(広島市)は7月6日、業務提携した。新型店開発の共同研究や展開実験を行うほか、商
 茨城県が地盤の食品スーパー、カスミの2011年2月期第1四半期(10年3~5月)連結業績は既存店の販売が低調で営業収益(売上高と不動産収入などの合計)は前期比
 愛媛県が地盤のフジが発表した2011年2月期第1四半期(10年3~5月)の連結業績は、売上高に不動産収入などを加えた営業収益は前年同期比3.1%減の745億円
 10月1日付けでアライドハーツ・ホールディングスを吸収合併するココカラファインホールディングスは7月5日、組織改革および子会社の役員人事を発表した。 &nbs
 ローソンの2011年2月期第1四半期(10年3~5月)の連結業績は、営業利益が前年同期比8.2%減の112億円だった。他のコンビニエンスストアと同様、たばこ自
 英テスコが7月2日に開いた株主総会で、同社の役員報酬報告書に関して38%の株主が反対票を投じた。異例の数の株主が役員報酬に異議を唱えた原因は、米国事業トップへ
 埼玉県が地盤の食品スーパー、ベルクの2011年2月期第1四半期(10年3~5月)の連結業績は、売上高が前年同期比3%増の262億円で、営業利益は58%増の11
 ファーストリテイリングが発表した国内ユニクロ事業の6月の売上高は、既存店ベースで前年同月比5.8%の減収となった。夏物商品の動きが鈍く、客数が5.2%減と伸び
 イオン傘下のコンビニエンスストア、ミニストップは7月1日から一部店舗でソフトバンクモバイルの「ソフトバンクWi-Fi(ワイファイ)スポット」を設置、公衆無線L
 ベスト電器はすべての正社員を対象として300人の早期退職者を募集する。募集期間は8月1~15日で、9月15日付けでの退職となる。同社は2010年2月期まで3期
 サークルKサンクスの10年3~5月期の連結業績は、既存店が6.0%の減収となったことが響いて営業利益は13%減の36億円にとどまった。チェーン全店売上高も2.
 ユニーの2011年2月期第1四半期(10年2月21日~5月20日)の連結業績は、65億円の経費削減効果で営業利益は前年同期比64%増の56億円となった。この影
 イトーヨーカ堂の10年3~5月期の業績は、既存店売上高が5.3%のマイナス、店舗数が期初より1店舗減の173店となって全店売上高も5.5%のマイナスとなったも
 セブン-イレブン・ジャパンの10年3~5月期の業績は、前年同期に3.3%増だった既存店売上高が2.5%のマイナスに転じ、営業利益は8%減の390億円となった。