記事タイトルバナー
 日本マクドナルドホールディングスは2018年12月期から新規出店を増やし、再び拡大路線に転じる。宅配サービスなども強化することで、新たな成長ステージへの移行を
 イオンリテールは「住民票の写し」や「印鑑登録証明書」など自治体の各種証明書を自動発行するサービスを、本州と四国の「イオン」「イオンスタイル」など約400店舗に
 「コメダ珈琲店」を展開するコメダ(名古屋市)は2月14日、セブン&アイグループが運営する大型ショッピングセンター「グランツリー武蔵小杉」(川崎市)にテイクアウ
 ファーストリテイリングは2月14日、オランダに「ユニクロ」を初出店すると発表した。首都アムステルダムの中心部に2018年秋、全3フロア(地上3階)、売場面積約
 セブン-イレブン・ジャパンは3月1日付けで組織変更と役員の人事異動を行う。
 セブン&アイ・ホールディングスは3月1日付けの組織変更で、6本部体制に移行する。経営推進部や経営管理部、IR部などを統括する経営推進本部、財務経理本部、人事企
 サントリー食品インターナショナルは「スターバックス」ブランドで初となる炭酸飲料を2月27日から全国の「セブン-イレブン」で先行販売する。
 ファミリーレストランのジョイフル(大分市)は4月1日から、グループで働くすべてのパート・アルバイトを無期労働契約に切り替える。対象は店舗のほか、本社、工場、配
 セブン-イレブン・ジャパンはセルフ式ドリップコーヒー「セブンカフェ」を刷新し、3月上旬から全国の「セブン-イレブン」で販売する。
 セブン-イレブン・ジャパンは2月19日から全国の高校1・2年生を対象にしたイベント「Z会監修 全国高校対抗 超良問ドリル」を開催する。5問連続で正解すると全問
 「洋服の青山」を展開する青山商事は2月9日、2020年度(21年3月期)を最終年度とする中期経営計画を発表した。連結売上高は17年度見込みに対して413億円増
 ローソン子会社でチケット販売やシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ」の運営などを手がけるローソンHMVエンタテイメント(東京都品川区)は6月1日付けで、
 米スーパーマーケット最大手のクローガーは、来店客が商品バーコードを自分で読み取る「スキャン、バッグ、ゴー」と呼ばれるシステムの導入を2018年中に400店舗に
 良品計画は3月20日、売場面積約4300平方メートルと世界最大規模の「無印良品」を大阪府堺市にオープンする。大型ショッピングセンター(SC)「イオンモール堺北
 イオンは3月16日、日産自動車の座間工場の跡地の一部に大型ショッピングセンター(SC)「イオンモール座間」(神奈川県座間市)をオープンする。
 大塚家具が発表した2017年12月期の営業損益は51億円の赤字(前期は45億円の赤字)だった。同社は17年7月、期初に5億円の黒字を見込んでいた営業利益予想を
 公正取引委員会が行った大規模小売業との取引に関する納入業者に対する実態調査によると、独占禁止法の優越的地位の濫用に該当する疑いのある行為が一つ以上見られた取引
 ドンキホーテホールディングス(HD)は2月6日、2018年6月期の連結営業利益予想を前期比10.4%増の510億円に引き上げた。従来予想を12億円上回る。連結
 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3月1日付けでグループ役員の人事異動を行う。主な内容は以下の通り(カッコ内は現職)。
 セブン-イレブン・ジャパンは4月下旬をめどに西日本高速道路(大阪市)管内のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)に「セブン-イレブン」20店舗をオー