記事タイトルバナー
日本最大のコーペラティブチェーンであるCGCグループ(以下CGC)の、加盟店総売上高が遂に4兆円を突破した。順調な加盟企業拡大の背景には、競争環境や法律の変更等
ホームセンター(HC)は、小売業の中でもとくに万引被害が多い業界の一つだ。NPO法人全国万引犯罪防止機構(東京都/河上和雄理事長)はこのほど、平成20年度の「全
今春、「100年に一度の経済危機」対応として、鈴木喬会長が社長に再登板して、スピーディな経営改革に取り組ん でいるエステー。主力の消臭芳香剤に経営資源を集中し、
7期連続で既存店売上高対前期比をクリアし続けている。ハードディスカウンターのビッグ・エー(東京都/上高正典社長)。消費不況の中で、ディスカウントストア(DS)の
北海道を地盤に食品スーパー(SM)を展開するアークス(北海道/横山清社長)の2009年2月期決算は、売上高 2538億円(対前期比5.2%増)、経常利益93億円
今年4月に設立された日本リユース業協会の活動が徐々に活発化してきた。ハードオフコーポレーションなど、リユース業を営む上場企業を中心に大手8社でスタートした日本リ
6月1日から改正薬事法がスタートし、登録販売者の登場によって販売チャンスが広がったOTCだが、蓋を開けてみれば「売上高は期待したほど伸びていない」(家電専門店)
7月4日、ダガーナイフなど「刃の長さが5.5センチ以上のもろ刃の刀剣」の警察への提出・廃棄等、保有する刃物を処分するための猶予期間が終了した。今年1月5日に施行
自動車保有台数の減少」「若者のクルマ離れ」に加えて「消費不況」。自動車関連の市場が冷え込む理由はいま、並べようと思えばいくらでも並べられそうだ。実際、自動車の保
今年7月17日、東京都内において、カインズはプライベートブランド(PB)のワインの販売開始とともに、PB商品の今後の展開についての記者会見を行った。今回PBとし
丸紅(東京都/朝田照男社長)とイオン(千葉県/岡田元也社長)という2つの大株主のもと、ダイエー(東京都)が 復活の緒に就いた。率いるのは丸紅出身の西見徹社長とイ
 グロスや口紅、アイシャドウの色をいつもと変えてみるだけで、女性の顔の印象はぐっと違って見えるもの。「今日は唇の色をベージュ系にして少し大人っぽい雰囲気にしよう
 6月1日からスタートした改正薬事法だが、開始から1ヵ月あまりが経過し、新規参入組を含めたOTC販売の動向が徐々に明らかになってきた。
2009年5月にイズミヤ(大阪府)の代表取締役社長に坂田俊博氏が就任した。景気悪化が総合スーパー(GMS) 各社の経営を揺さぶる中、坂田新社長は中期3カ年計画“
DgSの企業再編が最終局面へ向けて動き出したようだ。改正薬事法施行のタイミングに合わせるかのように、6月に入り、中堅DgS企業の経営統合が発表された。
 医療用品の卸各社が決算を発表している。メーカーとの直接取引が増加するなかで、商品提案や開発、店頭プロモーションなど高付加価値の機能 を強化する取り組みが目立つ