記事タイトルバナー
「今使っている化粧品は本当に私の肌に合っているのだろうか?」「もっとぴったりの化粧品があれば、是非使ってみたい」  そんな女性たちのホンネをすくい上げて、ブ
 サッポロドラッグストアー(北海道札幌市、富山睦浩社長)は、ヘルス&ビューティケア(H&BC)の専門店を展開する韓国のCJ olive young株式会社(韓国
阪食(大阪府/千野和利社長)が、昨夏から取り組んでいる「高質食品専門館」が好調に売上を伸ばしている。手応えを得る同社では今後、この業態をさらに進化させ、新たなビ
 国内の大半にブロードバンドインフラが整い、各種IT機器の価格も下落してきた今日。小売、流通業界においても、システムの進歩には目覚ましいものがある。たとえば、4
 ドラッグストア(DgS)とコンビニエンスストア(CVS)の提携後の具体的な動きが活発化してきた。  関西エリアでDgSを展開するイオングループのタキヤ(
「ハウスカード会員が来店客の50%を占め、売上高の70%を握る」京王ストア(東京都)の内藤雅浩社長は、ロイヤルカスタマーからの支持に手ごたえを感じている。価格競
イオン九州(福岡県/岡澤正章社長)は、今年1月26日に自転車専門店の「イオンサイクルショップ石丸店」をオープンした。同社が運営する総合スーパー(GMS)のジャス
3月8日から、住宅エコポイントの申請受付が開始された。2009年5月にスタートした家電エコポイント制度の住宅版。エコ住宅の新築、エコリフォーム(窓の断熱改修や、
経済産業省はこのほど、小売業を対象とした、新型インフルエンザ対策「事業継続計画の策定・運用の手引き」を策定した。新型インフルエンザ流行時に、小売業者は工場・オフ
低価格戦略を強烈に推し進め、そのバックボーンとなるコスト構造を改革した結果、西友(東京都)はディスカウントリテーラーへと変貌した。同社は今後、いよいよ本格的な成
2009年度の国内スーパーマーケット(SM)企業は、内食回帰のフォローの風に乗った08年度から一転、厳しい売上状況が続いている。そうした逆風下でも持続的な企業成
“美は、健康があってこそ成り立つもの”という内外美容の大切さは生活者の間に浸透しつつある。ヘルス&ビューティケアの売場でもビューティをサポートするカテゴリーと
 プロジェクトがいよいよスタートだ。2009年12月に業務提携したココカラファインホールディングス(東京都大田区、塚本厚志社長/以下、ココカラファイン)とサーク
イオンのドラッグ事業が大きな動きを見せる。ショッピングセンター(SC)ではクリニック併設による医療モール展開を拡大するほか、在宅医療の受け皿となる医療ネットワー
2009年2月期に始まった第三次中期3カ年計画の2年目を終えたライフコーポレーション。昨年11月には、東京本社を台東区に移転。物流・基幹システムのインフラを整備
ウオロク(葛見久則社長)は新潟県内に31店舗を展開するスーパーマーケット(SM)企業で、2009年3月期の売上高は585億円。売場面積150坪の小型店から、45
都内に住む50代のある男性は、新年早々、2度目のエコポイント申請手続きを行った。「昨年は、家族用にハードディスク内蔵の大型テレビを購入したが、今回は自分用。前回
生体を扱うペットコーナーを導入するHCもいまでは珍しくはなくなったが、このペット販売にも規制がかけられる可能性が浮上してきた。その規制とは、動物愛護管理法改正に
岡山県を地盤に中四国、関西エリアでディスカウントストア(DS)を展開する大黒天物産が元気だ。1月に発表された2009年5月期の第2四半期決算は売上高対前期比10
2010年1月、ネスレ日本(兵庫県/クリス・ジョンソン会長兼社長)は子会社2社を合併、新体制でビジネスをス タートさせている。これに伴い、ネスレコンフェクショナ