記事タイトルバナー
 ツルハホールディングス(北海道:以下、ツルハHD)の2017年5月期決算は、売上高が対前期比9.4%増の5770億8800万円、営業利益が同18.3%増の37
 時代に適合した価値を生み出し確実に収益をあげるエバラ食品工業(神奈川県)。主力商品である焼肉のたれ「黄金の味」はもちろん、小容量・個食ニーズに対応したポーショ
 「たった5年で、世の中が異次元のように変わった。もしあなたがそう感じていなかったら、時代に合わなくなっている可能性があります」──。著者は冒頭でこのよ
 2005年、全国農業協同組合連合会(全農)の鶏卵販売事業のすべてを移管し、設立されたJA全農たまご(東京都)。全国の営業・物流拠点、生産者とのネットワークを強
 食品スーパー(SM)は、品揃えや売場づくり、販売促進策を工夫することで来店客数の増加を図っている。一方で、ウェブサイトについてはどうだろうか。買物や生活に役立
 福岡県に本部を置き、九州全県で食品スーパー(SM)を展開するマックスバリュ九州。商勢圏では、同業のSMのほかにもディスカウントストア(DS)、食品の扱いが大き
 衣料品市場の苦戦が続いている。本書によると、オンワードホールディングス(東京都/保元道宣社長)、ワールド(兵庫県/上山健二社長)、TSIホールディ
 オーガニックヴィレッジジャパンは16年10月、消費者1万人を対象としたオーガニック市場に関する調査を実施した。同様の調査はかつても実施されているが、1万人規模
 DIYやリノベーションに対する認知度や関心度は、年々高まっている。消費者の傾向をみてみると、20代は「インテリア」や「かっこいい」というイメージがあるようだ。
 近年、企業やブランドに親しみを持ってもらうため、マスコットキャラクターを活用する事例が増えている。企業のWebサイトや店頭などはもちろん、SNSを活用した情報
 消費者の購買行動を左右する重要な媒体であるチラシ。訴求方法によっては、顧客以外の消費者を店舗に誘導することも可能だ。テーマ設定やキャッチフレーズなど、どのよう
 業態が本来得意な部門を強化することは自社の特徴を出すのに有効だ。ホームセンター(HC)にとって園芸はそのひとつ。ひと味違う独自の品揃え、価値訴求で差別化、集客
 1982年、無添加化粧品を完成させたファンケル。その後、サプリメントなどの健康食品分野にも乗り出し、事業を拡大させてきた。おもな販売チャネルである通信販売や直
 近年、EC市場の成長が著しい。ニールセンデジタルは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」およびパソコン版インターネット視聴
 食品スーパー(SM)大手のライフコーポレーション(大阪府:以下、ライフ)は、「3つの風土改革」と半径1㎞のシェア拡大を重点施策に掲げた第五次中期3カ年計画(第
 ペット飼育頭数の増加に伴い成長してきたペット関連のマーケット。主なペットである犬・猫関連の商品トレンドを見てみると、直近では猫のおやつ用フードや小型犬対応のフ
 ここ数年、市場の横ばい傾向が続いているカー用品市場。その活性化策として注目を集めるのが「洗車の日」。製販一体となって自動車のアフター市場を活性化しようとスター
 ガーデニングは女性との相性がよい売場ではあるが、各社ともその魅力を十分に訴求できていないのが現状だ。一方、ユニークな品揃え、店づくりにより集客する専門店が各地
 アクアペットの用品市場は、2015年度以降、伸長傾向にある。ホームセンター(HC)の注目度は高く、各社とも独自の品揃えで来店客にアピールする。消費者ニーズを分
 青森県を本拠に、岩手県、秋田県を含む北東北エリアで食品スーパー(SM)を運営するユニバース。競争環境が激化するなか、「Customers, our Prior