記事タイトルバナー
首都圏に60店舗を展開するオーケー(東京都/飯田勧社長)の業績が好調だ。2010年3月期の数字をもとに株式未公開企業が今何を考えて、どの方向に向かおうとしている
阪食(大阪府/千野和利社長)が、昨夏から取り組んでいる「高質食品専門館」が好調に売上を伸ばしている。手応えを得る同社では今後、この業態をさらに進化させ、新たなビ
「ハウスカード会員が来店客の50%を占め、売上高の70%を握る」京王ストア(東京都)の内藤雅浩社長は、ロイヤルカスタマーからの支持に手ごたえを感じている。価格競
低価格戦略を強烈に推し進め、そのバックボーンとなるコスト構造を改革した結果、西友(東京都)はディスカウントリテーラーへと変貌した。同社は今後、いよいよ本格的な成
2009年度の国内スーパーマーケット(SM)企業は、内食回帰のフォローの風に乗った08年度から一転、厳しい売上状況が続いている。そうした逆風下でも持続的な企業成
2009年2月期に始まった第三次中期3カ年計画の2年目を終えたライフコーポレーション。昨年11月には、東京本社を台東区に移転。物流・基幹システムのインフラを整備
ウオロク(葛見久則社長)は新潟県内に31店舗を展開するスーパーマーケット(SM)企業で、2009年3月期の売上高は585億円。売場面積150坪の小型店から、45
岡山県を地盤に中四国、関西エリアでディスカウントストア(DS)を展開する大黒天物産が元気だ。1月に発表された2009年5月期の第2四半期決算は売上高対前期比10
2010年1月、ネスレ日本(兵庫県/クリス・ジョンソン会長兼社長)は子会社2社を合併、新体制でビジネスをス タートさせている。これに伴い、ネスレコンフェクショナ
ラサール インベストメント マネージメントは不動産に特化した投資顧問会社。世界有数の不動産サービスプロバイダーのジョーンズラングラサールグループの一員として、商
大手総合スーパー(GMS)を軸に、全国各地で低価格戦争が巻き起こっている中で、マーケティング戦略によって、独自の生き残りを模索するのが、全国1800店舗が加盟す
セブン&アイ・ホールディングス(東京都/村田紀敏社長)傘下のSM(食品スーー)事業セクターである、ヨークベニマル(福島県/大高善興社長)とヨークマート(東京都/
2009年は、3月にリニューアルした「新・一番搾り」、そして、4月に発売した、世界初のアルコール分 0.00%のビールテイスト飲料「キリン フリー」と、立て続け
景気低迷を背景に、脚光を浴びたディスカウントストア(DS)業態だが、客単価の下落と客数の伸び悩みから、売上高が苦戦する店舗が増えてきている。そうした状況下でも、
日本最大のコーペラティブチェーンであるCGCグループ(以下CGC)の、加盟店総売上高が遂に4兆円を突破した。順調な加盟企業拡大の背景には、競争環境や法律の変更等
今春、「100年に一度の経済危機」対応として、鈴木喬会長が社長に再登板して、スピーディな経営改革に取り組ん でいるエステー。主力の消臭芳香剤に経営資源を集中し、
7期連続で既存店売上高対前期比をクリアし続けている。ハードディスカウンターのビッグ・エー(東京都/上高正典社長)。消費不況の中で、ディスカウントストア(DS)の
北海道を地盤に食品スーパー(SM)を展開するアークス(北海道/横山清社長)の2009年2月期決算は、売上高 2538億円(対前期比5.2%増)、経常利益93億円
丸紅(東京都/朝田照男社長)とイオン(千葉県/岡田元也社長)という2つの大株主のもと、ダイエー(東京都)が 復活の緒に就いた。率いるのは丸紅出身の西見徹社長とイ
2009年5月にイズミヤ(大阪府)の代表取締役社長に坂田俊博氏が就任した。景気悪化が総合スーパー(GMS) 各社の経営を揺さぶる中、坂田新社長は中期3カ年計画“