記事タイトルバナー
4つの事業会社を傘下に抱えるドラッグストア企業ウエルシアホールディングス(東京都:以下、ウエルシアHD)の業績が好調だ。2012年8月期は、売上高2934億円(
ファーストリテイリング(山口県/柳井正会長兼社長)が2006年に立ち上げた「g.u.(ジーユー)」ブランドが快走を続けている。ジーユー(東京都/柚木治社長)の1
生協のプライベートブランド(PB)商品(以下、コープ商品)の開発や、EC(電子商取引)の共通基盤の整備など、加盟生協をサポートする日本生活協同組合連合会(以下、
山梨県を地盤に12店舗の食品スーパー(SM)を展開するいちやまマート。「健康的な食生活が幸せをもたらす」をコンセプトに据えた「高質SM」を志向する。相次ぐディス
ユニー(愛知県/前村哲路社長)は、商勢圏各地で競争が激化しているのを受け、攻めの経営に舵を切る。来年、持ち株会社への移行を視野に、すでに公募増資などによる資金調
2011年下期以降、家電販売市場は振るわない。ヤマダ電機(群馬県/一宮忠男社長)の2012年3月期(連結)の業績は、売上高1兆8354億円(対前期比14.8%減
日本における少子化の進行は、子どもをターゲットにする専門店各社に大きな影響を与える。こうした中で新興国への進出に次なる活路を見出すのが、イオンファンタジーだ。同
イオン(千葉県/岡田元也社長)傘下で総合スーパー(GMS)を展開するイオン北海道(北海道/柴田祐司社長)。3カ年計画(2012年2月期~14年2月期)を策定し、
「社会保障と税の一体改革」関連法案が民主、自民、公明3党の賛成で衆議院を通過した。これまで消費者団体や流通業界を代表して「反増税」を訴えてきた國民生活産業・消費
2011年3月、さえき(東京都/長谷川徹社長)、フーズマーケットホック(島根県/南脇政文社長)、茨城さえき(茨城県/岡本弘社長)、山梨さえき(山梨県/高橋宗晴社
お客さまが喜ぶことを商売として成立させる 5年後以降に海外にも集中出店!
サミット(東京都/田尻一社長)の2012年3月期単体業績は、売上高2218億5800万円(対前期比0.1%減)、営業利益34億300万円(同31.4%減)、経常
関東地方を中心に食品スーパー(SM)を展開するカスミ(茨城県/藤田元宏社長)。2012年2月期連結業績は、営業収益2216億9700万円(対前期比1.4%増)、
わが国最大の小売業主宰のコーペラティブチェーン(協業組織)、CGCグループ(東京都/堀内淳弘代表)。2012年4月1日現在、総加盟企業数は225社/3715店舗
中国、四国エリアで事業展開するフジ(愛媛県)は、2013年2月期を初年度とする新中期経営計画をスタートさせた。商勢圏では少子高齢化が進行する中、「中四国くらし密
過去の常識にとらわれないイノベーション(革新)と「ユーザーイン発想」のものづくりによる需要と市場の創造によって大躍進を遂げているのがアイリスオーヤマ(宮城県)。
群馬県や栃木県、埼玉県に46店舗の食品スーパー(SM)を展開するフレッセイ(群馬県/植木威行社長)。2011年9月に持株会社体制へ移行し、フレッセイホールディン
首都圏に食品スーパー(SM)を展開するエコス(東京都/平邦雄社長)。子会社にたいらや(栃木県/村上篤三郎社長)とマスダ(茨城県/髙野國男(たかの・
山梨県を地盤に食品スーパー(SM)を展開するオギノ(山梨県/荻野寛二社長)。2008年からの3年間で、同社の商勢圏内には17店の競合店の出店があった。競争環境が
スマートフォンやソーシャルメディアなど新しいデジタルツールが飛躍的に活用されるようになったことで、小売業は「リセットの時」を迎えた。従来の商習慣やマーケティング