記事タイトルバナー
首都圏で食品スーパーを展開するマルエツ(東京都)の2013年2月期連結業績は、営業収益3156億8900万円(対前期比2.3%減)、営業利益20億200万円(同
ここ数年、新たな店づくりによって、変貌を遂げつつある大創産業。来店客の評判も上々で、改装によって大きく売上高を伸ばす店が増えている。同社は今後、どのような成長戦
少子高齢化で人口が減少する今後、国内の消費市場は縮小していく。そうした中でも、強い企業は事業規模を拡大し、生き残る──。こうした現象をアークス(北海道)の横山清
共同仕入機構のCGCグループは2013年度に創立40周年を迎えた。企業数は228社(13年4月現在)、グループ年商総額4兆2658億円に達した。大手小売グループ
世界最大の小売業ウォルマート傘下の西友(東京都)が、じわりと日本市場での存在感を増している。2012年は主要食品1300品目について平均8%値下げ。さらにはグロ
13年2月期にはとくに既存店の改装に力を入れてきた東急ストア(東京都)。その効果もあり、既存店の売上高は徐々に回復の兆しを見せている。須田氏は、12年3月に急逝
インターネットを通じて食品の販売を手掛けるオイシックス(東京都)は3月13日、東証マザーズに新規株式上場する。2000年の創業から順調に売上を伸ばし、12年3月
登録制卸売店を展開するメトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパン(東京都)。独流通大手メトロの日本法人として、2012年に創業10周年という節目を迎えた。店
2012年度を初年度とする3カ年の中期経営計画「CAP-I」(キャップ アイ)を推進するイズミヤ(大阪府)。計画の主眼は、損益分岐点を引き下げ、成長に向けた基盤
オフィス用品通販最大手のアスクル(東京都/岩田彰一郎社長兼CEO〈最高経営責任者〉)が2012年10月、ポータルサイト大手のヤフー(東京都/宮坂学社長)と組んで
トルコ小売市場の成長が目覚ましい。過去5年間の平均成長率は約9%。この高成長を支えているのが、人口約7500万人の半分が29歳以下という、若い力だ。一人当たりの
4つの事業会社を傘下に抱えるドラッグストア企業ウエルシアホールディングス(東京都:以下、ウエルシアHD)の業績が好調だ。2012年8月期は、売上高2934億円(
ファーストリテイリング(山口県/柳井正会長兼社長)が2006年に立ち上げた「g.u.(ジーユー)」ブランドが快走を続けている。ジーユー(東京都/柚木治社長)の1
生協のプライベートブランド(PB)商品(以下、コープ商品)の開発や、EC(電子商取引)の共通基盤の整備など、加盟生協をサポートする日本生活協同組合連合会(以下、
山梨県を地盤に12店舗の食品スーパー(SM)を展開するいちやまマート。「健康的な食生活が幸せをもたらす」をコンセプトに据えた「高質SM」を志向する。相次ぐディス
ユニー(愛知県/前村哲路社長)は、商勢圏各地で競争が激化しているのを受け、攻めの経営に舵を切る。来年、持ち株会社への移行を視野に、すでに公募増資などによる資金調
2011年下期以降、家電販売市場は振るわない。ヤマダ電機(群馬県/一宮忠男社長)の2012年3月期(連結)の業績は、売上高1兆8354億円(対前期比14.8%減
日本における少子化の進行は、子どもをターゲットにする専門店各社に大きな影響を与える。こうした中で新興国への進出に次なる活路を見出すのが、イオンファンタジーだ。同
イオン(千葉県/岡田元也社長)傘下で総合スーパー(GMS)を展開するイオン北海道(北海道/柴田祐司社長)。3カ年計画(2012年2月期~14年2月期)を策定し、
「社会保障と税の一体改革」関連法案が民主、自民、公明3党の賛成で衆議院を通過した。これまで消費者団体や流通業界を代表して「反増税」を訴えてきた國民生活産業・消費