記事タイトルバナー
静岡県内で食品スーパー(SM)を34店舗展開する静鉄ストア。同社は「健康宣言」を打ち出し、「安全・安心・健康・美味しい・楽しい」をコンセプトとした商品開発や店づ
群馬県に本拠を置き14都県に約140店を展開するベイシア。なかでもスーパーセンター(SuC)の店舗数は約50店と国内トップクラスを誇る。そんな同社がSuCの店づ
総合スーパーや食品スーパーを展開するユニー。店舗の活性化を進めるなか、昨年、ユニー・ファミリーマートホールディングスがドンキホーテホールディングスと資本・業務提
 愛媛県に本部を置き、四国全県と中国エリアの広島県、山口県で事業展開するフジ(尾﨑英雄社長)。近年、商勢圏では競争激化、少子高齢化が進むなか、「中四国くらし密着
 約1万4000の店舗網を全国に張り巡らせ、2018年2月期(17年度)はチェーン全店売上高2兆3100億円(対前期比7.0%増)を見込むコンビニエンスストア(
 首都圏でディスカウント型食品スーパー(SM)を展開するオーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)。「高品質・Everyday Low Price(エブリデイ・ロープ
 イオン(千葉県/岡田元也社長)傘下で、オーガニック食品を中心に扱う食品スーパー(SM)のビオセボン・ジャポン。日本で1号店を出店してから1年あまりが経過した。
 「サッポロ生ビール黒ラベル」と「ヱビスビール」という、2つのロングセラーブランドを擁するサッポロビール(東京都)。ビール市場が縮小傾向にあるといわれるなかで、
 香川県に本部を置き、四国を中心に店舗を展開するマルナカ。近年、商勢圏では有力食品スーパー(SM)が増える一方、食品も扱うドラッグストア(DgS)をはじめとした
 ベビー・子供用品の専門店を全国展開する西松屋チェーン(兵庫県)。毎年、積極的な出店により、店舗網を拡大している。競争激化を受け、プライベートブランド(PB)の
 広島県に本部を置き、中国、四国、九州エリアで店舗展開するイズミ。商勢圏では人口減少、さらに業態の枠を超えた競争が激化するなか、新たな店づくり、品揃えにより競争
 今年6月に改正酒税法が施行され、過度な安売り規制が強化された。1990年代当初年商30億円の酒販店から二十数年で1000億円を超える企業に成長したカクヤス(東
 中四国地方を中心に食品スーパー(SM)を展開するハローズ(岡山県/佐藤利行社長)。「瀬戸内商勢圏180店舗3000億円構想」を長期ビジョンに掲げ、熾烈な競争が
 2016年3月、アークス傘下で同じ岩手県を本拠としていた食品スーパー企業のベルプラスとジョイスが合併し、ベルジョイスが発足した。統合から1年半以上が経過した今
 自然派食品EC(ネット通販)のオイシックスと大地を守る会が経営統合し、2017年10月1日、新会社のオイシックスドット大地(東京都)が正式に発足した。新会社の
 医薬品を中心に、健康食品から日用雑貨まで幅広い商品調達力をもつ大木ヘルスケアホールディングス(東京都:以下、大木ヘルスケアHD)。一方で、消費者の潜在ニーズに
 1910年に創業し、東京都内を中心に高質食品スーパー(SM)を展開する紀ノ國屋。2010年に東日本旅客鉄道(東京都/冨田哲郎社長:以下、JR東日本)の完全子会
 健康志向の多様化を先取りした商品開発やトマトをはじめとする野菜に関する情報発信によって、主力の飲料事業が好調なカゴメ(愛知県)。「トマトの会社から、野菜の会社
 今年9月に創業100周年を迎えた森永乳業(東京都)。次の100年に向けてスタートするにあたり、新たに森永乳業グループの経営理念体系・スローガンを策定した。乳で
 時代に適合した価値を生み出し確実に収益をあげるエバラ食品工業(神奈川県)。主力商品である焼肉のたれ「黄金の味」はもちろん、小容量・個食ニーズに対応したポーショ