記事タイトルバナー
文=久我尚子 ニッセイ基礎研究所生活研究部准主任研究員    アベノミクス成長戦略で「女性の活躍」が掲げられてから、働く女性に
文=濱谷健史 野村総合研究所 経営コンサルティング部 副主任コンサルタント   「モノ余り」の時代と言われるようにな
文=前田茂喜 株式会社レコフ ディレクター    筆者は昨年、『チェーンストアエイジ』誌の2012年6月1日号に
文=飯塚智之 矢野経済研究所フードサイエンス事業部 主任研究員    消費者の健康意識の高まりとともに拡大しているの
文=河合 拓 ジェネックスパートナーズ取締役    図表は、ある衣料品専門店の売場における業務内容と投入人時について
文=藤井康雄 日本政策投資銀行 産業調査部    国内のEコマース(ネット通販)市場が拡大している。小売市場規模が横
D2Cでは、変化の速いスマートフォン(スマホ)利用者の動向を探るため、定期的に「モバイル利用動向調査」を実施している。本稿では2012年11月に実施した調査(P
2012年以降の個人消費の流れを振り返ると、「震災後の回復」と「アベノミクス効果」の2つのキーワードが浮かび上がる。12年前半までの消費は震災からの回復局面の流
商品ジャンルによって異なる「店頭情報検索」の目的とその後の行動
二極化する食品スーパーの収益性
生鮮食品に関するグローバル調査 新興国で近代的な食品スーパーは浸透するか?
消費者は「ネットスーパー」と「食材宅配サービス」をうまく使い分けている
趣味のメリハリ化と消費の総“交際費”化が進む若者
小売業が提供する「経験」や「サービス」評価が高いのは?
情報を「みんなと共有する」10代、「自分で検索する」20~30代
消費者の「時短」ニーズをチャンスに変えよ!
健康や栄養を訴求する商品開発がより重要に
通販業界が直面している課題は新規顧客の確保とオリジナル商品の強化
消費者は「情報が多すぎて」混乱、購買の意思決定にリアル店舗の重要性が上昇
高成長を続ける、マレーシアの化粧品・パーソナルケア市場