記事タイトルバナー
文=竹本遼太 三井住友トラスト基礎研究所 投資調査第2部 副主任研究員    日本全体では2008年1
文=川畑夏奈 インテージ 次世代プロダクト開発部    生活者の価値観や情報への接触方法が多様化し、購買行動も変化す
文=菅順史 博報堂生活総合研究所 研究員    博報堂生活総合研究所は、生活者の気持ちの変化を読み解くため、消費に対
文=鈴木雄高 流通経済研究所 主任研究員    店舗の運営は、多くの人手に支えられており、とくにパートタイム労働者(
文=岩渕真理 ニールセン クライアントビジネスパートナー コンシューマーインサイト ディレクター   &e
文=土井晴子 日本能率協会総合研究所 グローバル事業部 消費者研究部 研究員    「ロコモティ
文=相沢佳菜子 ドゥ・ハウス リサーチ第1事業部マネジャ    国内のコンビニエンスストア(CVS)の店舗数は5万店
文=稲葉光亮 アサツー ディ・ケイ ストラテジック・プランニング本部「アラ☆ダン研究所」    アサツー&
文=文=栗栖 郁 CBREリサーチ    世界最大の事業用不動産サービス会社、CBREグループは、2013年に続き、
文=文=栗栖 郁 CBREリサーチ    不動産サービス大手のCBREは、消費者が実店舗に求めているものは何なのかを
文=安部隼人 帝国データバンク 東京支社情報部情報取材課    お店に行かなくても買物できることから、高齢化が進む中
文=園部和男 株式会社バルクMR事業部 MR企画分析部 シニア アナリスト    マーケティング
文=太田将博 みずほ銀行産業調査部ライフケアチーム    2013年6月に閣議決定された「日本再興戦略」は、調剤薬局に対して、
文=藤原裕之 社団法人 日本リサーチ総合研究所 主任研究員    個人消費のもたつきが続いている。2014
文=脇田 英津子 博報堂こそだて家族研究所 上席研究員    「博報堂こそだて家族研究所」は、長子年齢が1
文=柿尾正之 公益社団法人日本通信販売協会 理事   拡大画像表示  日本通信販売協会(東京都/佐々木迅会長:以
文=木村有紀 NTTデータ経営研究所シニアコンサルタント    日本国内外で発生する食品の産地、品質の偽装問題は、消費者の高い
文=地田圭太 流通経済研究所 研究員      「インバウンドマーケティング」という考え方を
文=久池井 博 味香り戦略研究所 マーケティングサービス部部長    味や香りを科学的に分析、評価する味香
文=中井彰人 みずほ銀行 産業調査部    再編の話題に事欠かない昨今の小売業界であるが、2013年にイオンがかつて