記事タイトルバナー
 創味食品の「創味のつゆ」は、選りすぐった材料を使い、上品でまろやかな味に仕上げた、かつお風味の濃厚つゆ。保存目的のアルコールが入っていると本来のつゆ
 「キリン 一番搾り」は、麦のおいしいところだけを搾る一番搾り製法でつくった日本人ならではの発想で生まれたビール。一番搾り製法をもっと楽しんでもらうた
 真誠は、5月から秋にかけて、イベントや雑誌・Webを使って「とろけるきなこ」の認知を広げ、新規ユーザー獲得につながる販促を強化。「とろけるきなこ」は
 天塩は、塩むすびを通して塩本来のおいしさを味わってもらうことを目的に、天塩スタジオにて「プロが教える おいしい塩むすび教室」を4月6日に開催した。イ
 小林製薬ではこれまで、トイレ様式や暮らしの変化に伴うさまざまなニーズに対応した商品を開発してきた。近年では、水洗トイレのタンクレス化に伴い開発した「
 漬物・佃煮などの北海道の伝統の味を伝える北日本フード。極上の旨みの本格和風キムチや子供からお年寄りまで楽しめる浅漬け、伝統の味わいの古漬け、ごはんの
モンデリーズ・ジャパンは、むし歯の始まり※を抑制する牛乳由来成分「CPP-ACP」を配合した特定保健用食品のシュガーレスガム「リカルデント」をリニューアル。
「日本人好みのメキシカンスナック」をコンセプトに、1994年に発売した湖池屋の「ドンタコス」を3月にリニューアル。日本人の繊細な味覚に応えるよう「食材の旨み
大垣共立銀行と北陸銀行は合同で「ビジネス・サミット2016 」を名古屋国際会議場で、6月9日(10時から17時)に開催する。本サミットは、東海・北陸地方企
業務用冷凍冷蔵庫、冷凍冷蔵ショーケース、その他の冷凍機応用機器の製造・販売・メンテナンスを手がける福島工業では、首都圏を中心とした関東エリアのさらな
ピエトロでは、主力のドレッシング280mlシリーズのボトル・キャップ・シュリンクラベルを4月製造分から変更。「まわすキャップ」の採用で開けやすくなり、注ぎ口
永井海苔は、のり弁当の海苔が切れやすくなるように穴あけ加工を施した、6切サイズのお弁当用焼のり「お箸で切れるお弁当のり」を3月に新発売した。大きめの穴あけ加
ワイン市場が好調に推移しており、とくにサングリアや甘口ワイン、低アルコールワイン、フルーツワインなど、おしゃれで飲みやすいワインが20~30代の若年層に人気
グローバル化が進んだことで、日本の食文化においても、エスニックを中心とした新ジャンルの料理が人気となっている。日本人に馴染みが少ないスパイスやハーブの味わい
加熱処理や加水処理を行わないため、日本酒本来の鮮度感あふれる風味が楽しめる日本盛の「生原酒ボトル缶200ml」。鮮度と飲み方にこだわったボトル缶を採用したこ
白身魚のすり身と植物性素材を主原料として卵を一切使わない日本水産の「おさかなのソーセージ」。1本で約1/2日分のカルシウムが入った特定保健用食品だ。2016
キリンビバレッジでは「キリン午後の紅茶」ブランドから〈恋のティーグルト〉を新発売。同商品は、「一緒に飲むと味が変わる」「つながるパッケージデザイン」で昨年2月に
消臭芳香剤市場で、もっとも販売構成比が高いのはリキッドタイプ で、トイレ用・お部屋用合わせて約52.4%(アース製薬調べ)となっ ている。ただ従来の置き型消臭芳
サッポロビールでは、スペイン家庭用市場売上No.1(※)ワイン「バック・エクストリシモ セミデゥルセ(赤)(白)」と「バック・カバ・エクストリシモ セミ・セ
世界中で愛されてきた「コカ・コーラ」ブランドは、2016年1月から世界一斉に新しいマーケティング戦略を立ち上げ「Taste the Feeling」を新た