2018/11/19

「イオンの最新“デジタルモール”」

イオンモールの吉田昭夫社長は新たに開業したSCをこのように表現した。

 

そのSCとは、11月9日、イオンの創業地である三重県で開業した「イオンモール津南」だ。

リアル店舗とネットを融合したさまざまな施策に挑戦している。

 

たとえば、イオンリテールのECサイト、ネットスーパーでの買物を
カフェのような空間で楽しめるコミュニティスペースを設置。

専任の従業員が常駐して買物方法やおすすめ商品を案内する。

 

ネットで注文した商品の受け取り方法も広げている。

海外の小売業を参考に、ドライブスルーサービスを導入したほか、
受け取りロッカーも設置して、
自宅以外でも商品を受け取れる利便性を提供することで
ネット経由の買物を促す。

 

イオングループは中期経営計画の事業方針の1つに
「デジタルシフト」を掲げて
ECサイトやネットスーパー事業の売上高を2020年までに
全体の12%まで高めたい考えだ(16年度実績は0.7%)。

最新デジタルモールでの新たな施策は、
イオンのデジタルシフトに弾みをつけることができるのか注目だ。(大宮)

 

他の記事を読む

注目記事