2018/10/03

“食場面を広げる”

客数の減少が止まらないCVS業界。

 

そうした中、セブンイレブン・ジャパンの秋期商品政策発表会で

商品本部長の石橋誠一郎氏は次のように語った。

「客層、食場面、時間帯。この3つの幅を広げることで客数を増加させる」。

 

なかでも「食場面」の拡大は新たに打ち出した方針だ。

それを代表する新商品を11月に発売する。

カップ容器入りの冷凍米飯

「セブンプレミアム 炒め油香るチャーハン」だ。

 

カップ容器に入っているため

レンジアップのために皿に移す必要がない。

 

そのため、オフィスやクルマの中でも

手軽にチャーハンが楽しめることが特徴だ。

売上が拡大している冷凍チャーハンの販売形態を変えて提供することで

新たな食場面を提供し売上を伸ばす考えだ。

 

仙台市内の約80店で実験販売したところ、冷凍チャーハンの売上が以前の5倍に伸長。とくにこれまで少なかった昼間の購買が増えているという。

 

最強CVSと言われるセブンイレブンは自ら需要を切り開いていく(O)

 

 

他の記事を読む

注目記事