“東急ストアの既成概念を捨てる”

913日、東急ストアが渋谷駅南側の新ランドマーク「渋谷ストリーム」内に

「プレッセ シブヤ デリマーケット」を開業する。

 

同店は、デリカとグロサリーに特化した東急ストアの新フォーマットだ。

 

開発に当たり同社がまず取り組んだのが、既成概念を捨てることだったという。

「自社の強みや、これまで培ってきたノウハウに固執していては、新しい店をつくることはできない」(同社執行役員の山形美憲氏)。

 

国内ではなく海外にヒントを求めて香港のシティ・スーパーを訪れ、

同社のトーマス・ウー社長直々にアドバイスを受け、それをヒントに独自の店づくりを行った。

 

なかでも注目されるのは、対面コーナーだ。

おかずが選べる弁当、揚げたて総菜、カスタムサラダ、トッピングが選べるピザなどを

バイオーダーで提供する。

さらにワインやクラフトビールも充実しており、

15席のイートインでちょい飲みすることも可能だ。

 

これまでにない店づくりに挑戦した東急ストアの新フォーマットは、

渋谷でどのような存在感を発揮するのか、注目だ(大宮)

他の記事を読む

注目記事