「安さには限界がある。質の向上は無限」

 ECを含め業態を超えた競争が過熱するなか、リアル店舗ならではの価値を顧客に提供することがより重要になっている。同時に、異業種にはない、強み、技術力、専門性を磨くことがどの業態にも共通して不可欠な考え方となっている。例えば食品スーパー(SM)を例にとれば、「ドラッグストア(DgS)に生鮮食品市場を奪われている時点で、そのSMには絶対的な強さや専門性がなく、食品強化型DgSと同じ土俵で勝負してしまっているということなのだ」と、ヨークベニマルの大高善興会長は語る。

 

 価格競争を仕掛けてくる相手に対して、価格で対抗したとしても、最後まで勝ち残れる企業はもっともコスト構造が低い一社だけ。それでは全国各地にあまたあるSMは勝ち残れないことになる。

 

 そこで、今日の一言。「安さには限界がある。質の向上は無限」(大高会長)。リーズナブルな価格で提供することを前提にしながらも、地域の顧客に対して新たなライフスタイルを提案したり、品質の良い商品、自社でしか買えない商品をタイムリーにアピールし続けることで、地域シェアを高め続けることができることを、ヨークベニマルは体現している。(A