ワークマン流ノンカスタマーのカスタマー化

開店2日目、精算を待つレジ列

 95日、ワークマンは「ららぽーと立川立飛」3階に新業態店の「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」を開業した。売場面積は約200㎡で初年度の売上目標は12000万円だ。「高機能×低価格のサプライズをすべての人へ」をコンセプトにアウトドアやスポーツ、レインウエアなど約300アイテムを取り扱う。

 

 「低価格」「機能性」「デザイン性」を武器にワークマンは好調そのものだ。

 20183月期末で821店舗(内フランチャイズ・ストア692店舗)を展開。売上高は797300万円(対前期比7.3%増)、営業利益は106300万円(同11.0%増)、純利益は784400万円(同9.8%増)、既存店舗成長率は同4.7%増だった。

 

 プライベートブランド(PB)商品は約830アイテムを展開。売上高は2557000万円(同33.4%増)と全社売上高に占める構成比率は32.2%になり、40%の達成を目指している。

 もともとは「ワーキングウエア」や「作業用品」の専門店として知られていた同社ではあるが、PBを中心に「デザイン性」に磨きがかかると一般ユーザーがアウトドアやキャンプに活用するようになった。

 また販売促進面では、ブロガーを商品発表会に招きネット上で拡散してもらうなどの後押しもあって、日常着用需要の獲得につながっている。

 

 実際、同社の「ファミリー衣料(肌着・靴下・防止・タオル・エプロンなど)」の売上高は765100万円(同5.1%増)、「カジュアルウエア(ポロシャツ・コンプレッションシャツ・Tシャツ・ハイネックなど)」の売上は90億円(同11.1%増)と主力部門のひとつになっている。

 

 これら好調部門をスピンオフして、専門店化したのが今回の「ワークマンプラス」の試み。開店翌日は長蛇のレジ待ち列ができ、そのコストパフォーマンスに賞賛の声が上がっていた。同社は次の数年に100店舗体制を構築し、120億円の売上計画を組んでいる。