ホーム   特集&連載    ブログ    阿部幸治のホームセンター総研! 
記事タイトルバナー

第26回

2013年12月25日

厳しい競争環境がHCを進化させる!

阿部 幸治

早いもので2013年もあと1週間で終わりです。

 

今年のホームセンター(HC)業界は、当初思った以上に売上確保に苦しんだ一年でした。2012年の「消費の大反動」を耐え抜いた先には、異業種を含めたいままで以上の競争激化がありました。もちろん、増税前の住宅駆け込み需要とアベノミクスによる公共工事の増加が影響し、プロ向けの資材・金物・工具、そしてリフォームは好調に推移していますが、それでも既存店売上高のマイナス傾向は常態化しています。競争の次元そのものが大きく変わってしまったのです。

 

すでにお届け済みのダイヤモンド・ホームセンター1月号では、そうした状況を受け、「同質化を吹っ飛ばせ 次世代型HC!」という特集を行いました。いかにDIYの裾野を広げて需要創造するのか?お客さまにとって買いやすい売場アソートメントをどう実現するのか?坪効率をどうやって上げるか?そして差異化をどう図るのか…こういった現在のHCが抱える重い課題を解決すべく、HC各社がはじめている新たなHC店舗づくりへの挑戦をレポートしたものです。

 

厳しい競争環境を受け、「このままでは生き残れない」と自覚したHCが、サステナブルな次世代型モデルを模索し、次々と打ち出していったのが2013年の新店の特長と言えるでしょう。つまり、苛烈な生存競争がHC業態の進化を促したわけです。

 

皆さんが2013年にもっとも感銘を受けた店舗をどこだったでしょうか?ぜひとも教えてください。
ダイヤモンド・ホームセンター3月号ではストアオブザイヤー2014を行います。現在WEB投票を絶賛受付中です。年末のご多忙の時期ですが何卒ご投票をお願いします。投票締め切りは12月28日土曜日です。

 

投票は以下のリンクからお願いします。
https://f.msgs.jp/webapp/form/16451_tiy_49/index.do

 

Special topics