ホーム   フラッシュニュース    環境 
記事タイトルバナー
2010年5月24日

【ファミリーマート】
生ゴミ回収リサイクルシステム、1000店舗超に

 ファミリーマートが1999年から導入してきた「生ゴミ回収リサイクルシステム」への参加店舗が1000店舗超に達した。同システムは店舗で発生する食品廃棄物を飼料、肥料にリサイクルするもの。

 

 5月1日に名古屋市内での参加店舗が53店舗から139店舗に拡大、これによって全国での参加店舗が1000店舗を超えると共に、名古屋市内では約90%の店舗でリサイクル体制が整った。 

 

 名古屋市内でのリサイクル参加店拡大については、同市内の事業系廃棄物回収業者であるミナミ産業の協力を得た。

 

 同社では、店舗の食品廃棄物から生成された飼料で育てられた豚肉を弁当の素材として利用したり、揚げ物の調理で使用した廃油をハンドソープに再生利用したりしている。

DRM online 関連記事

Special topics