ホーム   フラッシュニュース    環境 
記事タイトルバナー
2010年6月11日

【デイリーヤマザキ】
全照明をLED化した店舗で電力使用量8%削減

 コンビニエンスストアのデイリーヤマザキは6月10日、店舗の全照明にLED(発光ダイオード)照明を使用するなどした環境配慮型店舗「デイリーヤマザキ アクティオーレ市川店」(千葉県市川市)をオープンする。

 

 店舗内外の照明すべてにLEDを使用した店舗は同社としては初めて。店内の床材には反射率が高いセラミックタイルを採用した。また、消費電力を抑えるためにインバーター式冷凍機も併せて導入した。これによって、店舗の照明電力使用量は42.2%、店舗の総電力使用量は8.1%改善されるという。

 

 同社では、これまでに太陽光発電を31店舗で導入するなど環境配慮型店舗の拡大に力を入れている。

DRM online 関連記事

Special topics