ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2018年6月8日

【セブンイレブン】
トヨタの燃料電池トラックを19年春に導入

 セブン-イレブン・ジャパンは6月6日、トヨタ自動車の燃料電池(FC)トラック2台を2019年春に導入すると発表した。19年秋には定置式のFC発電機と自動車用蓄電池を活用したリユース蓄電池も店舗に設置する予定だ。

 

 セブン-イレブンとトヨタは17年8月、店舗と物流における省エネルギー、二酸化炭素排出削減に向けた検討を始めることで基本合意していた。セブン-イレブンは30年までに店舗での再生可能エネルギーの利用比率を20%まで引き上げ、二酸化炭素排出量を13年度比で約27%削減する計画。トヨタとの共同プロジェクトを進めながら、計画の達成を目指す。

 

 FCトラックは最大積載量3トンの小型車で、走行距離は約200キロメートル。冷蔵・冷凍用の電源にもFCを使う。首都圏での配送に活用する。

 

 FC発電機やリユース蓄電池は店舗エネルギーマネジメントシステム(BEMS)で統合的に管理し、二酸化炭素の排出削減を進める。

 

フラッシュニュース〈経営〉

DRM online 関連記事

Special topics