ホーム   特集&連載    Retail Technology 
記事タイトルバナー
2018年5月31日

NTT東日本とアースアイズ
万引き防止AIサービス「AIガードマン」を全国展開

 NTT東日本と行動検知AIを活用した防犯システムを提供するアースアイズは、AIの活用により小売業界における万引き被害の削減と店舗業務の効率化を推進することを目的に、業務提携を発表。AIカメラを活用した小売店舗向け万引き防止AIサービス「AIガードマン」を2018年6月下旬から全国展開する。

 

 AIで不審行動を検知する技術を持つアースアイズは、従来から万引き防止のためのシステムを提供しているが、全国に展開する大手小売店への導入拡大に向けて、NTT東日本と業務提携した。「AIガードマン」の展開では、AIカメラやAIクラウドの開発をアースアイズが担当し、NTT東日本が施工、保守運用までワンストップで提供するほか、ネットワークサービスで培ってきた技術力や運用ノウハウをAIやIoTなどの新しい技術に応用したサービスを提供する。

 

 「AIガードマン」は不審行動を検知できるAIを搭載したカメラが、来店客の不審行動を検知し、AIクラウドから店員がもつスマートフォンに検知情報(検知場所、静止画など)を通知するサービス。通知を受けた店員が不審者に声がけすることで、万引き防止に活用することができる。AIカメラが自律的に映像を解析し、万引きが疑われる不審行動を検知するのが特長で、今回提供される最新型AIカメラは、検知角度、検知距離の向上により、従来のアースアイズのAIカメラと比較して検知エリアが約3倍に拡大したため、少ない台数で必要な範囲をカバーできるようになり導入コストが低廉化している。

 また、検知映像はオンラインストレージに保管されるため店舗にサーバーやレコーダーを設置する必要がない。AIが不審行動を検知するために必要なパターンファイルは、アースアイズが保有する過去の膨大な消費者行動データをもとに作成される。また、AIクラウドのパターンファイルを更新することで、新たな万引きの手口が出現したり顧客層の変化により不審行動が変化した場合でも、AIカメラが不審行動を検知することができる。

 

 「AIガードマン」の提供料金は初期費用 AIカメラ238,000円/台 、設置位置の調査、設置・設定は実費。月額の利用料は AIカメラ1台につき4,000円の利用料、オンラインストレージ利用料は10GBで 500円~となっている。

 

Special topics