ホーム   フラッシュニュース    店舗 
記事タイトルバナー
2018年4月10日

【ジンズ】
フィリピンに出店、海外4地域目

 眼鏡専門店「JINS」を展開するジンズは4月19日、フィリピンに初出店する。中国、米国、台湾に続き海外出店は4地域目となる。

 

 マニラ首都圏タギッグ市のショッピングセンター「SMオーロラプレミア」の1階に出店。3000フィリピンペソ(PHP、1PHPは約2円)、5000PHP、7000PHPの3価格帯で眼鏡を販売。サングラスを含めて約1000種類を取り揃える。

 

 フィリピンでの事業展開に当たっては、現地でアパレルの製造小売りを展開するスーヤンコーポレーションとフランチャイズ契約を締結。スーヤンが持つ事業ノウハウや現地のネットワークを生かして店舗展開を進める。

 

 フィリピンにおける眼鏡・サングラスなどアイウエア市場は約600億円。約1億人の人口の平均年齢は24歳と若く、2021年には700億円程度まで拡大すると見込まれている。

 

 ジンズは18年3月末時点で中国に125店舗、米国に4店舗、台湾に20店舗を展開している。

 

 なお、同社は4月5日、18年8月期の連結営業利益が従来予想を約4億円下回り、前期比14.3%増の61億7700万円になりそうだと発表した。主力の国内事業において、既存店売上高が第2四半期累計(17年9月から18年2月まで)で計画の前年同期比3.0%増に対して、0.2%減と不振だったことが要因。販売本数は伸びたものの、単価下落を補えなかった。中国や米国の既存店売上高は大幅に増加したという。

 

フラッシュニュース〈店舗〉

Special topics