ホーム   ニュース&トピックス    ダイヤモンド・HC情報フラッシュ 
記事タイトルバナー
2018年4月4日

[ニトリ]
31期連続の増収増益

 ニトリホールディングスの2018年2月期決算は、売上高5720億円(前年同期比11.5%増)、営業利益933億円(8.9%増)と大幅な増収増益となった。増収増益は31期連続。

 

 都心部では最大級の売場面積を展開する渋谷公園通り店の出店や、東武池袋店をはじめとする百貨店への出店、新小型店フォーマット「ニトリEXPRESS」の出店など積極的に出店した結果、店舗数は39店舗増加し467店となった。

 

 新規出店による人件費と賃借料の増加や既存店改装による什器費等の増加、物流コストの増加により、販管費率が38.7%と1.2ポイント(pt)上昇したものの、寝具・寝装品やベッドルーム家具、ソファが売上をけん引し、為替予約もあって、荒利益率が55.0%と0.8pt改善した。

 

 2019年2月期は売上高6140億円(7.3%増)、営業利益990億円(6.0%増)、経常利益1000億円(5.4%増)、当期利益680億円(5.9%増)の見通し。

 

DRM online 関連記事

Special topics