ホーム   ニュース&トピックス    セミナースケジュール 
記事タイトルバナー
2018年3月15日

【特別レポートのご案内】
AI・デジタル時代のリアル店舗・強化戦略
チェーンストアの売上を向上させる店舗スタッフの育成と戦力化の方法

人材教育・育成が競争力と店舗運営力の源泉になる

 店舗経営において人手不足は深刻だ。パートやアルバイトの従業員確保もままならない状況になってきた。必要な要員の採用が進まないだけでなく、スキルを備えたスタッフの引き抜きと離職率の増大といった事態に頭を悩ませている店舗運営者は少なくない。

 

 それに追い打ちをかけるのが、顧客志向の多様化やネット通販の台頭。マーケティングのデジタル化、いわゆるデジタルトランスフォーメーションで店舗運営の効率化やAI活用による需要予測の高精度化の推進が、リアルな店舗を運営するチェーンストアにとっては早急に取り組むべき課題となっている。

 

 それをサポートするのは、リアルな店舗におけるオペレーションの質の向上。デジタル化による効率化とショッピング・エクスペリエンス=買い物体験の向上は、店舗の売上とブランド力アップの両輪と言えるだろう。つまりデジタル化で店舗運営の効率化を図っても、そこに十分に教育されたスキルのある店舗スタッフを配置できなければ、デジタル化の効果を最大化することはできない。

 

 最も効果的なタイミングで店舗スタッフに教育・研修の機会を提供するには、どのような方法を採用すべきか?人手不足の中で、店舗スタッフへの指導は後回しになりがち。全国に店舗を展開するチェーンストアの場合、人事・教育担当者や管理本部は集合教育を実施するにも日程調整や場所の確保にも労力を割かなければならない。全店舗を巡回すれば教育・研修のタイムラグも発生する。

 

 そこで、多店舗を展開するチェーンストアに従業員も満足できる教育・研修内容を効率的に、効果的に実施できるのが、コーナーストーンオンデマンドが提供するオンデマンドのラーニングマネジメントシステムだ。

 

 コーナーストーンオンデマンドは、このラーニングマネジメントシステムをクラウドで提供しており、192カ国にわたり、3,250社、3,500万人の顧客を持っている。日立製作所や日産自動車、アサヒグループホールディングス、キヤノンなど、多拠点展開する企業にも多く採用されている。

 

 同社が提供するチェーンストアの店舗向けトレーニングガイドは下記からダウンロードが可能だ。チェーンストアが成長を遂げる「人財強化」の秘訣は必見だ。

 

 

※特別ガイドご覧になられる方は入力フォームにご記入の上、ダウンロードしてください。

 

【特別ガイドのダウンロードは終了しました】

 

Special topics