ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2018年3月8日

【LINE】
請求書をスマホで読み取って支払い、公共料金や通販代金など

 無料対話アプリ大手のLINEは3月6日、送られてきた請求書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取るだけで支払いができる「LINE Pay(ラインペイ)請求書支払い」を始めると発表した。

 

 電気料金などの公共料金や通販代金の支払いができるようにする。6日時点では東京電力エナジーパートナーが発行する請求書に対応、4月以降、代金請求・回収代行の電算システム、SMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターが発行する請求書にも順次対応する。

 

 LINE Payは、LINEアプリのアカウントに銀行口座やコンビニエンスストアから現金を入金すると、スマホ画面に表示されるバーコードを店頭で読み取るだけで代金の支払いができる前払い式の決済サービス。コンビニやドラッグストアなどで導入が広がっている。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

Special topics