ホーム   ニュース&トピックス    ダイヤモンド・HC情報フラッシュ 
記事タイトルバナー
2018年2月1日

[東急ハンズ]
町田店で電子レシートの社会インフラ化実証実験

 東急ハンズは、東急ハンズ町田店において、電子レシートの社会インフラ化における実証実験に参画する。

 

 同実証実験は、経済産業省とNEDO(※1)による「IoT を活用した新産業モデル創出基盤整備事業」の一環として実施されるもので、東京都町田市内の複数の店舗において、2018年2月13日から 2月28日まで実施される。

 

 実験の目的は、業種、業態の異なる小売店舗で共通に使用できる電子レシートのプラットフォームの有用性を検証することで、電子レシートの標準規格の検証作業を行う。

 

 電子レシートが標準化されることで、電子レシートシステム やアプリケーションが、企業の垣根を越えてシームレスに連携できるようになる。また、家計簿ソフトや健康管理ソフトなどのさまざまなアプリケーションで電子レシートデータを簡単に活用することができるようになるため、消費者や企業にとって利便性の高い社会インフラの構築が可能になることを目指す。

 

※1NEDO…国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

 

DRM online 関連記事

Special topics