ホーム   フラッシュニュース    業績・統計 
記事タイトルバナー
2018年1月10日

【マクドナルド】
12月の既存店売上高は8.0%増、通期では12.2%増

 日本マクドナルドホールディングスが発表した2017年12月の既存店売上高は、前年同月比8.0%増だった。前年実績を上回るのは25ヵ月連続。3ヵ月ぶりの2ケタ増収となった前月に比べると伸び率は低下したが、季節限定品の「超グラコロ」や新商品「熟グラコロ ビーフシチュー」などが好評だった。

 

 1~12月の通期の既存店売上高は、前年同期比12.2%増と2ケタ増収を達成した。客数が8.9%増となったほか、客単価も3.0%増えた。

 

 そのほかの主な外食チェーンの12月の既存店売上高は、ゼンショーホールディングス傘下の牛丼チェーン「すき家」が5.5%増、吉野家ホールディングス傘下の「吉野家」が4.5%増、ファミリーレストランのサイゼリヤは0.9%増で、いずれも2ヵ月連続のプラスだった。

 

フラッシュニュース〈業績・統計〉

DRM online 関連記事

Special topics