ホーム   フラッシュニュース    業績・統計 
記事タイトルバナー
2018年1月9日

【外食売上高】
11月は3.9%増、15ヵ月連続のプラス

 日本フードサービス協会が発表した2017年11月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月比3.9%増だった。台風の影響などを受けた前月は0.1%の微増だったが、11月は比較的穏やかな天候の地域が多く、客数、客単価とも堅調だった。客数は1.0%増で2ヵ月ぶりのプラス、客単価は2.8%増だった。

 

 主な業態別では、ファーストフードが4.4%増。ハンバーガーショップなど「洋風」が7.7%増、セルフうどん店など「麺類」が5.0%増と好調だったほか、牛丼など「和風」も4.1%伸びた。

 

 前月はマイナスだったファミリーレストランとパブ/居酒屋が、それぞれ3.3%増、0.4%増とプラスに転じたほか、ディナーレストランが5.3%増、喫茶が3.4%増と引き続きプラスとなった。

 

フラッシュニュース〈業績・統計〉

Special topics