ホーム   フラッシュニュース    店舗 
記事タイトルバナー
2017年12月19日

【ファミマ】
都市型スーパー「ミニピアゴ」との一体型店舗を開業

 ファミリーマートは12月15日、コンビニエンスストアと小型スーパー「mini(ミニ)ピアゴ」の一体型店舗「ファミリーマートminiピアゴ川崎宮前平店」(川崎市)をオープンした。

 

 ミニピアゴは、ユニー子会社の99イチバ(愛知県稲沢市)が、東京都と神奈川県で78店舗(11月末現在)を展開する小型スーパー。ユニー・ファミリーマートホールディングスが発足して約1ヵ月後の2016年10月に「ファミリーマート+miniピアゴ菊名駅西店」(横浜市)を開業しており、一体型店舗としては今回が2店舗目となる。

 

 川崎宮前平店の売場面積は約258平方メートル、17席のイートインコーナーなどを含む店舗面積は約320平方メートルとなっている。

 

 ファミリーマートの通常商品約2500アイテムに加え、生鮮食品や日配品、冷凍食品、調味料などミニピアゴの商品約2000アイテムを取り扱う。

 

フラッシュニュース〈店舗〉

Special topics