ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年12月15日

【Aコープ九州】
Aコープ佐賀と合併、直売所併設店を出店へ

 食品スーパーを運営しているJAグループのAコープ九州(福岡市)とAコープ佐賀(佐賀市)が2018年4月1日付けで合併する。合併により経営基盤を強化し、北部九州におけるAコープ店舗の拡大を図る。

 

 Aコープ九州は福岡県と大分県で29店舗を運営しており、売上高は約160億円(17年度)。一方、佐賀県内で23店舗を展開するAコープ佐賀の売上高は約140億円(同)で、合併初年度となる18年度の売上高は282億円を見込む。

 

 Aコープ九州を存続会社とする吸収合併で、合併後の社名はAコープ九州とする。新会社ではAコープの店舗に生産者直売所を併設した新業態「JAファーマーズ」を出店する計画だ。

 

フラッシュニュース〈経営〉

Special topics