ホーム   フラッシュニュース    テクノロジー 
記事タイトルバナー
2010年6月24日

【そごう・西武】
西武池袋本店でデジタルサイネージ導入

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武は6月24日、西武池袋本店(東京都豊島区)にデジタルサイネージ(電子看板)を導入した。

 

 46インチ液晶ディスプレイ4台を組み合わせた大型マルチディスプレイとデジタルコンテンツ配信システムで構成され、店内で実施されるタイムサービスやイベント情報などの告知、施設案内などのコンテンツを表示する。どれだけの客がコンテンツを見たかを測定する視認効果測定の機能も持つ。

 

 システムはNECが開発、デジタルサイネージの企画や機種選定などはセブン&アイとNECが昨年3月に共同出資で設立したセブンインターネットラボ(鈴木康弘社長)が担当した。

DRM online 関連記事

Special topics