ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年11月29日

【メルカリ】
不要品の買い取りサービス開始、査定上限2万円

 フリーマーケットアプリ大手のメルカリ(東京都港区)は11月27日、不要品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」を始めた。アプリを通じた個人間売買の仲介だけでなく、自社グループによる買い取りに乗り出すことで、利用者の幅を広げる。

 

 メルカリNOWの利用者は、手元にある商品のブランドと品質状態を選択し、スマートフォンのカメラで撮影するだけで査定金額(上限2万円)が提示される。その査定金額を了承した場合、利用者が持つメルカリのアカウントに売上金が入金される。

 

 商品はメルカリグループのゾウゾウ(東京都港区)が買い取り、買い取った商品は同社がメルカリに出品する。

 

 買い取り対象商品は、サービス開始当初は服飾品に限定する。今後、利用状況を見ながら対象を広げていく予定だ。

 

 商品買い取りについてはヤフーが11月20日から、メルカリと競合するサービス「ヤフオク!」で始めている。「カウマエニーク」と称するこの買い取りサービスでは、ブックオフコーポレーションの店頭での買い取り、宅配で商品を引き取ったうえでの買い取り、利用者の自宅で査定する出張買い取りの3つの選択肢を用意している。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

Special topics