ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年11月16日

【イズミ】
タブレット付きショッピングカートを導入、一部店舗で

 イズミ(広島市)は11月10日、広島県内の2つの商業施設でタブレット付きショッピングカートを導入した。三井物産子会社のマーケティング・グラビティ(東京都港区)が運営するサービス「ショピモ」を通じて、タブレットの画面にチラシ掲載商品やレシピなどのおすすめ情報、店内の案内図、クーポンなどを配信する。カートの位置情報を把握する無線端末を店内に設置することで、的確なタイミングで情報を流すほか、利用者が買い物をしながらスタンプラリーに参加できたりする。

 

 タブレット付きショッピングカートを導入したのは、「LECT」(広島市)と「ゆめタウン廿日市」(廿日市市)。イズミの会員カード「ゆめカード」を端末に読み取らせることで、サービスを利用できる。

 

 配信されたクーポンを利用すると、ゆめカードの値引き積立額に加算される。24日には「ゆめタウン徳山」(山口県周南市)、2018年1月26日には「ゆめマートさが」(佐賀市)でも導入する予定だ。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

Special topics