ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年11月15日

【マクドナルド】
全店で主要クレジットカードでの支払い可能に

 日本マクドナルドは11月20日から全店(約2900店舗)で、主要クレジットカードでの決済に対応する。

 

 利用できるカードは、「ビザ」「マスターカード」「JCB・JCB PREMO」「ダイナース」「ディスカバー」「アメリカン・エキスプレス」の6ブランド。また、電子マネーについても、すでに対応済みの「iD」「WAON」「楽天Edy」「nanaco」「Suica」など交通系電子マネーに加えて、「QUICPay+」での決済も導入する。

 

 決算手段を多様化することで、増加するインバウンド(訪日外国人)客などの利便性を高める。

 

 2018年上期中には、海外で広く利用されている近距離無線通信規格「NFC」を使った決済サービス「ビザ・ペイウェーブ」「マスターカード・コンタクトレス」「アメリカン・エキスプレス・コンタクトレス」などにも順次対応する予定だ。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

DRM online 関連記事

Special topics